JMLabのオーディオ製品の買取なら御任せ下さい。

買取情報の見出し

日本のスピーカーはユニットから一貫して作られていることが一般的ですが、海外オーディオではこの常識は当てはまりません。多くはユニット生産を専門のメーカーに委ねて、それを自社で用意したネットワークやエンクロージャに収めて販売するという形をとっています。

このような背景によって、海外ではHiFI向けのSPユニットを専門に作るメーカーが多く存在します。フランスのフォーカル社もその中の一つで、1980年にジャック・マユール氏によって設立されました。高性能なユニットを開発しており、ハイエンド品のSPシステムにも多く採用されています。その後、これらを使いシステム製品として発表するブランドとして立ち上げられたのが今回の買取対象となるJMLaboです。

JMLabが日本にやってきたのは1991年の時で、この時から大型機の開発にも力を注いでいました。その後完成したのがフラッグシップ機の「Utopia」というモデルで、新設計のユニットを合計4個搭載しており、エンクロージャやネットワークを始め、細部にまで拘りを感じる作りで当時のオーディオ業界を驚かせました。現在でも大変人気が高く、ハイサウンドでも高額買取対象となっている一台です。

ユートピアの存在でさらにブランドの地位を高めたJMLab はその後もGrande Utopiaといった後継機や手ごろなブックシェルフ型やトールボーイ型など、数々の名機達を世に送りだしました。・

JMLabの買取強化品

フラッグシップ機はもちろんですが、小型モデルにも数々の人気機種がございます。

その中でも当店でオーディオ買取の強化品目とさせていただいているのが「DAL3.1s」です。

DAL-3.1sの写真

トールボーイ型の非常にスマートな一台で、独自のネオフレックス樹脂という素材を使用したウーファーとチオキシドというコーティングを施したドーム型ツィーターを搭載しているのが特徴です。キャビネット内部にも工夫が見られ、スーパーチューンド・バスロードと呼ばれる内部構造を持っており、これによってサイズの域を超えた豊かな低音を聴かせます。大変高性能で素晴らしいサウンドを聴かせるということで、ベストセラーとなった一台でした。

 その他、JMlab機種の買取なら当店へ御任せください。

同社のオーディオ製品の買取なら専門のハイサウンドへ御任せください。

これまでのご依頼の中で、数多くのモデルを取扱いさせていただいた実績がございます。

大型機についても喜んで取扱いいたしますので、お気軽にご相談ください。

オーディオ買取ならハイサウンド > JM-Labの買取お知らせ

Related Posts
無料査定・ご相談は0120-083-084
無料査定フォーム LINE査定
オーディオ買取のハイサウンド
本社:埼玉県坂戸市中富町57-1
東京店:東京都豊島区西池袋5-24-10 1F
出張所:埼玉県新座市道場2-1-11
その他、買取拠点4箇所あり

営業日:年中無休 9時~20時 (買取のご依頼は24時間受付)
連絡先:049-282-6805