スピーカーの名機S2600などを買取致しました。

JBLのS2600は外観の通り、フラッグシップ機「D55000」の流れを受ける新設計のホーン「H2600」を搭載させたことで1990年代に大ヒットとなった名機のスピーカーですね。現在でも根強いファンが多く、希少性の高い一台にもなっています。今回は本機を初め、プリアンプやターンテーブルなど様々なお品物の買取致しましたので紹介させていただきます。S2600のイメージ

ホーンの画像

S2600の中古品にありがちなのですが、経年によってウーファーのエッジが劣化してしまう為、大抵の買取品はエッジのない状態になっているのですが、今回ハイサウンドにやってきた個体はメンテナンス済みの素晴らしい状態でした。

ちなみにハイサウンドでは、エッジ朽ちはもちろんのこと、スピーカーのコーン紙の破れやエンクロージャなどの破損品などについてもすべて取り扱い可能となっておりますので、長年使っていなかった・壊れてしまってそのままになったオーディオ機器などについても諦めずにぜひ一度、査定のご相談をください!

続いてはこちらのThorensのTD-226も買取致しました。伝統のベルトドライブ方式やフローティング構造はそのままにダブルトーンアーム仕様が可能なターンテーブルの名品ですね。TD225の全体

非常に堂々としたデザインと、良質な再生能力によってアナログオーディオシステムの中では定番となっている一台で、中古買取市場でも人気の高いモデルとなっております。

こちらも経年から考えれば非常に綺麗な状態でした。現行品などの新しいモデルはもちろんなのですが、ビンテージオーディオ品については綺麗な状態というのも査定の大きなプラスポイントとなります。

そして最後の紹介品はこちら、B&Wの805Sですね。

805sのフロント部

現代のハイエンドブックシェルフ機の中では定番中の定番となっているスピーカーですね。初代のNautilus805から始まり今回の買取品「805s」や現行のDiamondなど何度も改良が加えられてきたシリーズですが、どの品もそれぞれ現在でも買取需要の高いモデルとなっています。使いやすく、ピュアオーディオはもちろんのこと、ホームシアターにも使える汎用性の高さとコンパクトサイズならではの取り回しのよさが多くのファンから支持される理由となっています。

その他にも昇圧トランスなどを始めとした周辺機材も取り扱いさせて頂きました。素晴らしい逸品達をお譲りいただき、誠にありがとうございました。

>中古オーディオ買取専門店のハイサウンド|全国対応
オーディオの処分をお考えのお客様がございましたら、ぜひ当店をご利用ください。
お客様が大切に使われてきたコンポーネントをプロの査定員が適正な価格で買取させて頂きます。
全国から受付お待ちしておりますので、まずはお気軽にお申し込みやお問い合わせください。

Related Posts
無料査定・ご相談は0120-083-084
無料査定フォーム LINE査定
オーディオ買取のハイサウンド
本社:埼玉県坂戸市中富町57-1
東京店:東京都豊島区西池袋5-24-10 1F
出張所:埼玉県新座市道場2-1-11
その他、買取拠点4箇所あり

営業日:年中無休 9時~20時 (買取のご依頼は24時間受付)
連絡先:049-282-6805