コンステレーションオーディオのアルタイルなどの買取

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - コンステレーションオーディオのアルタイルなどの買取
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

同社のデビューは、とにかく鮮烈でオーディオ界を大きく騒がせました。

いったい何がそんなにすごいかったのかというと、まず第一にアメリカのハイエンド機器作りにおけるプロフェッショナル集団によって結成されているということ。そして何より、そのエキスパート達が作り上げるオーディオ機器の完成度の高さが大きな話題を呼びました。

そんなコンステレーションオーディオの製品を高額買取中です!

virgo

まず、ネームバリューとラインナップのスケールの大きさに驚かされますが

一番の特色といえるのはなんといってもCONSTELLATION AUDIO独自のサウンドにあります。

具体的にいえば、どんなジャンルにも扱えるニュートラルな音質なのですが、その次元の高さが他に類を見ないレベルまでに仕上げられています。とても滑らかな音の繋がりを重視しつつ繊細さとパワフルさも兼ね備える強い個性を当初から確立させているのは著名のエンジニアが集まる同社ならではといえます。

デビュー時には”リファレンスシリーズ”がリリースされ、電源を別の筐体と分けたコントロールアンプの「アルタイル」やタワー型のモノラルパワー、「ヘラクレス」が発売されました。

ハイエンド界の中でもかなりの高額の部類に入る二種類ですが、それ以上の魅力を持つ内容によって、瞬く間に市民権を得ることに成功しています。

その後はエントリークラスとして、パフォーマンスやインスピレーションラインが用意され新しい展開を見せていますが、共通してコンステレーションオーディオの音の要となっているニュートラルという点は崩さないよう開発が行われています。

現在、コンステレーションオーディオの買取需要が高いのはアルタイル2Plus。

現行のフラッグシッププリで、前作で使いにくいという声があった癖のあるリモコン部をフロントパネル部分にもっていき、操作感を改善させています。

一番の変更点としては、専用の別体電源はそのままに、それらの配給をさらに安定かつ強力にするため、DCフィルターを内臓した筐体が追加されています。

conse

コントロール部に主な変更はないものの、上記の追加によって更に音質を磨き上げることに成功していまます。

気になる価格はハイエンド界でもあまり例のない1000万円クラスになる超高額プリですが、既に多くのオーディオファイルの元に納入されているとのこと。

ちなみに、ハイサウンドでは同社の買取実績はいまだありません。

リファレンス・パフォーマンスといった特定のシリーズに限らず、全てのモデルの買取を行っております。下取り価格よりも高値での買取に自信がございますので、売り値が気になる方はぜひサイトトップかフリーコールにてご確認ください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>