MC2500のオーディオ買取についてお知らせ

厳しい寒さが続いていますね。
明日で3月に入りますが、このシーズンは引越しや片付け最中といった方も多いのではないでしょうか。

こちらはオーディオの買取専門店、ハイサウンドの買取情報ブログです。
さまざまなオーディオの紹介やお客様へお知らせなどについて更新を行っております。
今回はオーディオの買取強化対象品についてお知らせいたします。

紹介させて頂くのはこちら

McintoshのMC2500

McintoshのオーディオパワーアンプであるMC2500の買取についてです。

マッキントッシュといえば、今更説明するまでもないアメリカの老舗オーディオメーカーです。

これまで同社からは多くの製品が発表されてきましたが、今回のオーディオ買取対象となるMC2500は当時、マッキンのフラッグシップモデルとして発表された超重量級ステレオパワーアンプです。 同機はMC3500という、ド級管球式モノラルアンプで開発されたデザインを内部から外部共に踏襲する内容となっていました。

(ちなみにMC3500、2300などのシリーズ機も当店のオーディオ買取の対象となっておりますので買い替えや売却をご検討の際はお問い合わせください!)

出力はチャンネル当たり500Wが定格となっていましたが、実測では700Wに迫っているほどと言われる一台。もちろん、2300に続くおなじみの各インピーダンス専用の出力トランスを搭載しているので、1,2,4,8Ω時すべて同じ出力を得ることができます。 現在でも十分ハイパワー機という印象ですが、この内容を1980年に発表された同機は、当時の他社のオーディオ製品を寄せ付けない、まさに最強の名に相応しい完成度と話題になっていましたね。

もちろん現在の中古オーディオ買取市場から見ても、ビンテージオーディオファイルから絶大な支持を得ており、根強い人気のある一台となっております。

これほどの物量投入された結果、本体の重量は60kgという形になっています。フロントパネルが、従来のMcintoshの顔であるガラスパネルではなく、アルミパネルを採用しているのは、運搬時の強度の問題で已む無くといった事情もあったようですね。 ですが、このシンプルなフェイスも現在にも続く人気の一つといえるのではないでしょうか。ちなみに、パネルのカラーはブラックとシルバーの二種類がありましたね。

当店ではMC2500の買取はもちろん、Mcintoshのオーディオは全てのモデルが買取対象となっております。

歴史的名機であるMC275や240といった管球式はもちろん、最新のMC2KWといったフラッグシップモデルのオーディオ買取も喜んで対応させていただきます。

ハイエンド品はどうしても重量級の物が多くなってしまいますが、当店では出張にて買取の際は専門スタッフが無料にて搬出対応させていただき、全国対応となっている宅配でのオーディオ買取ご依頼の場合はお客様は一切梱包、搬出の手間要らずのらくらく家財宅急便というサービスで発送して頂くため、簡単にオーディオの売却を行えるようになっております。

当店は実店舗を構えたオーディオの買取・販売を行う専門ショップです。

ネット上から買取ご依頼となると、顔が見えない取引となる為、不安といったお客様も多いかと思います。

その際は、フリーダイヤルにてご不明な点やお問い合わせも受付しておりますのでお気軽にお電話ください。

詳しいオーディオ買取りの流れや、取り扱い品になど各ページは当ウェブサイトにてご覧いただけますので、まずは下記のリンクからご覧になってください。

また、今回の買取対象であるMcintoshの専用ページもございますので、こちらもよろしければご覧ください。

星の数ほどある、オーディオの買取は専門のハイサウンドへお任せください。

年中無休営業となっておりますので、本日もお客様からのご依頼お待ちしております!

Related Posts
無料査定・ご相談は0120-083-084
無料査定フォーム LINE査定
オーディオ買取のハイサウンド
本社:埼玉県坂戸市中富町57-1
東京店:東京都豊島区西池袋5-24-10 1F
出張所:埼玉県新座市道場2-1-11
その他、買取拠点4箇所あり

営業日:年中無休 9時~20時 (買取のご依頼は24時間受付)
連絡先:049-282-6805