コーナースピーカーのコーネッタの買取や貴重な300Bのご紹介

お世話になります!シルバーウィーク期間中の買取ラッシュによって、幅広い年代のオーディオ機器が入荷いたしました!

まずはこちら、コーネッタを買取させて頂きました。

コーネッタ

往年のタンノイらしいコーナータイプの箱が特徴のスピーカーシステムですが、本機はオーディオ専門誌、ステレオサウンドの企画によって誕生した国産品です。
タンノイの不朽の名機、オートグラフを模しつつ家庭用としての使用を考慮してサイズダウンが図られ、ユニットは当時入手が容易だったタンノイの同軸10インチHPD295を搭載しています。そのサウンドは良さは現在もネットなどで語り継がれるほど。

当時も人気の高いシステムだった為、自分で作ってしまう方や、スピーカー工房から発売されていたポン付けキットを使った様々なコーネッタが存在します。

そのため、同モデルは個体差が激しく、作りが荒いものがあれば若干仕様が違うものもあったりと、査定の際には少し注意が必要なオーディオだったりもします。

入荷品のコーネッタは、前査定の段階では箱のメーカーは不明とのことでしたが、フロントロードのアール部分の処理も綺麗で、各部の丁寧に仕上げられているしっかりとしたお品物でした!

ご本家でも正式にコーネッタというモデルは存在しているようですが、そちらはアメリカ市場に用意されたバックロードタイプのエンクロージャを使ったシステムで、デザイン・音質共にまったく違い、日本ではほとんど流通していないようです。ちなみに当店でも買取事例は一度もありません。

側面の部分

今回のご依頼者様は真空管コレクターとして有名な方で、その他にもWEの出力管をはじめ超希少管やアナログプレーヤーを買取させて頂きました。

オーナー様、秘蔵のコレクションは古典球をはじめとした名球だけでも1000本以上!実用として在庫にとっている真空管を含めれば5000本は超えるとのことで、買取の際にご厚意でその一部を拝見させて頂きましたが、すぐにでもミュージアムが出来ような光景にただただ圧巻でした!

その中でも、特に面白い一本としてお見せいただいたのが
幻の300B

こちら。中央の2本はいわずも知れたWE300Bの50年代物と、十分ホットな一本ですがメインとなるのはその両端のものです。

20年以上前に管球アンプの専門誌で紹介され、発売までもう少しというところで計画中止となってしまった幻のツイン300B!
現物があることすら定かではなかった逸品です。

貴重なお品物の数々の当店へご利用いただき、誠にありがとうございました。

中古オーディオ買取専門店のハイサウンド|全国対応

一般的に買取拒否となりがちな、自作のオーディオやプロトタイプといったコレクターズアイテムの在庫も強化中です。ぜひお気軽に査定についてご相談ください!

Related Posts
無料査定・ご相談は0120-083-084
無料査定フォーム LINE査定
オーディオ買取のハイサウンド
本社:埼玉県坂戸市中富町57-1
東京店:東京都豊島区西池袋5-24-10 1F
出張所:埼玉県新座市道場2-1-11
その他、買取拠点4箇所あり

営業日:年中無休 9時~20時 (買取のご依頼は24時間受付)
連絡先:049-282-6805