YAMAHAのNS-1ClassicsやSANSUIのB-2302Vintageを買取しました。

こんにちは!1月も中盤に入りましたね。ここのところはシステムの買い替えや整理をされているお客様からのお問い合わせを多く頂いております。先週から国産最高峰のアナログプレーヤーや最新のデジタルアンプといった、時代を超えた名機から現行の最新機種まで幅広いオーディオ機器がやってきておりますので、今回もその中から特に魅力的なモデルをピックアップ致します!

まずはこちら、前回のテンモニに続いてNS-1 Classicsを買取致しました。NS-1 Classicsを並べた状態

国産のブックシェルフスピーカーの中ではかなりの実力派として有名な一台ですね~

3ウェイ以上のマルチ方式のスピーカーが定番だった時期に、異色の存在として現れたNS-1 Classics。発売当時のオーディオ専門誌などではとにかく評判が良く話題になっていましたね。基本的な作りはNS-5というモデルを受け継いでいるようですが、使用パーツの見直しを始め、新しく非常に綺麗な木目仕上げのエンクロージャを採用しています。ボックスと白いスピーカーユニットが上手くマッチしていて、現代でも見劣りしないデザインですよね!サランネットを取り付けた様子

肝心な音質についても見た目に負けない、YAMAHA独特の澄み切った美音を聴かせてくれて、ピュアオーディオ用としてはクラシックの再生に使われる方多いようですね~

本機は現在でも人気の高いスピーカーとなっていますが、経年によってエッジの硬化やツィーターのソフトドーム部のヘコみといった問題を抱えた個体が多く、今回買取させて頂いたお品物も、過去にメーカーでスピーカー交換がされておりましたが、当店ではこういったワケアリなお品物も喜んで受付させて頂いておりますので、オーディオ機器の売却を検討中のお客様が御座いましたら、お気軽にご相談くださいね!

さて、続けていきますよ~ 2つ目の買取品はこちら

SANSUIのB-2302Vintageですね。 s_DSC09627

同社お得意の物量投入がされたハイエンドアンプで、巨大なトランスや高級パーツがふんだんに使用されており、筐体も至るところが銅で仕上げられています。SANSUIのセパレートパワーアンプで最大の重量を持つBA-5000に次ぐ内容となっており、現在では中古市場でもなかなかお目に掛かれない一台です。

こちらは去年に買取ご依頼を頂いたもので、シリーズモデルのコントロールアンプ、C-2302も合わせて引き取り致しました。数十年間、オーディオラックに収めていたままだったそうで、電源投入が怖かったのですが、まったく問題なく動作してくれました。さすがの日本製ですね~!若干、アッテネータのガリやメーターの動作不良がありまたが、このような症状も当店では出力に問題なければ問題なく買取が可能となっております。

>中古オーディオ買取専門店のハイサウンド|全国対応

長年使わなくなってそのままだったハイファイ機材もほとんどが問題なく受付致しておりますので、まずはお気軽に無料査定のお申し込みをください!

Related Posts
無料査定・ご相談は0120-083-084
無料査定フォーム LINE査定
オーディオ買取のハイサウンド
本社:埼玉県坂戸市中富町57-1
東京店:東京都豊島区西池袋5-24-10 1F
出張所:埼玉県新座市道場2-1-11
その他、買取拠点4箇所あり

営業日:年中無休 9時~20時 (買取のご依頼は24時間受付)
連絡先:049-282-6805