アルテックのMODEL19やPRA-2000RGを買取致しました。

お世話になっております。今年も残り一ヶ月をきり、ラストスパートといった感じですね。年末はオーディオを整理する方が多いので、当店は無休にて営業させて頂きます。お気軽に査定ご依頼くださいね!さて、今週もビンテージなアンプや、なかなかお目にかかれない希少なスピーカーなど幅広い機器が入荷いたしました。

まずご紹介させて頂くのはこちら、アルテックのModel19を買取しました。

MODEL19を並べた様子

70年代の初期に発売されたフロア型の大型スピーカーですね。今も多くのファンを魅了する811Bを使用したホーンスピーカーと38cmウーファーの416-8Bを合わせたオーソドックスな2ウェイ構成です。 とても個性的なデザインで余裕たっぷりな容量を持つエンクロージャにうまく収められています。

ホーン部分の状態

アルテックを語るとならば、かならず挙がってくるA7ですが、これを民生用として発売されたのがModel19となるわけですね。当時はホームオーディオ用としてはもちろん、録音スタジオなどのモニタースピーカーとして使う方も多かったようですね。フロントロードは廃していますが、基本的な構成は同じになっているようです。

ちなみに、当時は本機のスケールダウンをした下位モデルも用意されていましたが、こちらはMODEL19に比べてあまり物が出回らなかったようで、現在の中古オーディオの市場では希少価値の高いスピーカーとなっています。もちろん当店でも買取に力を入れておりますのでよろしくお願いします!

続いてはこちらです。PRA-2000RGのフロント部分

DENONのベストセラープリアンプとして一世を風靡したPRA-2000シリーズですが、その最終モデルとなるRGを買取させて頂きました。初代から受け継ぐ洗練されたフロントパネルや全体的な風貌は残しつつ、ボリュームノブといった細かいところに高級感を感じさせる拘った作りが見られます。内部も随所にアップグレードが施され、新設計のフォノイコライザーの採用やバランス入出力にも対応しています。

こちらは以前紹介させていただいたパワーアンプのPOA-3000RGと合わせて使用されていたお品物です。いずれの買取品も大切にお使いになられていたのが感じとれる、素晴らしい状態です。日本製のオーディオ機器が好みで、システムすべてを国産品で構成しているお客様でした。

当店では現在でも名機とされているビンテージ品はメーカーを問わず高価買取対象となっております。 お客様からお譲り頂いたお品物は国内はもちろん、海外のオーディオユーザーへ販売も行って入るため、日本ではあまりお値段がつかない機器も高価査定が可能となっております。
>中古オーディオ買取専門店のハイサウンド|全国対応

プレミアがついているモデルも数多くありますので、気になったことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>