フォステクスのGX103MAを買取させて頂きました。

こんにちは、ハイサウンドの情報ブログです。
こちらではお客様から買取させて頂いたオーディオ機器の紹介を行っております。
今回もハイサウンドへ数多くやってきている最新入荷品の中から一つピックアップさせて頂きますよ!
こちら、FOSTEXのGX103MAを買取致しました。

GX103MAの全体像

長くからハイファイ専用のスピーカーメーカーとして日本に馴染み深いフォステクスでしたが本格的にSPをシステムとして発表するようになったのは最近のことですね。

昔は周辺機器やユニットがメインのオーディオメーカーという印象が強かったと思いますが、最近はipodといった携帯プレーヤーのアクセサリー類を始め、ヘッドフォンやアンプ類など、精力的に新製品を発表しています。

さて、今回買取させていただいたGX103MAはご覧の通りトールボーイ型のスピーカーです。
スマートな見た目とは裏腹に、非常にずっしり重量のあるしっかりした作りです。
リアルウッドの突き板仕上げのエンクロージャに、クラフトマンシップをひしひしと感じさせる、手塗りのワインレッドの上品な色合いがオーディオマニアの心をくすぐりますね~!

見た目的な部分はもちろんですが、同社のスピーカーの特徴といえばなんといっても搭載されているユニットですね。いまさら説明するまでもないと思いますが…自社開発の豪華なユニットを惜しみなく採用しています。前モデルのGX103では振動板が合成で作られていたマグネシウム素材だったのに対して、本機では完全にマグネシウムのみを使用して作られたドームツィーターの採用や、やはり独自のアルミ振動板を搭載した10cmのウーハーユニットを2基搭載させています。ちなみにこのウーハーはフラッグシップモデルのG2000にも採用されていましたね。単体を眺めてるだけで満足してしまいそうな、美しい作りです。ちなみに前記に出てきたG2000も高価査定の対象となっております。大型機の買取も当店にお任せください。

本題に戻りまして、GX103MAの構成としては3ウェイとなり、ピュアオーディオはもちろん、ホームシアターにも使えるパフォーマンスの高い一台として、中古買取の市場でもとても人気があります。

肝心のGX103MAの音質ですが、スリムなデザインからは想像がつかない豊かなサウンドが評判となっていますね。ハイサウンドでも軽い音だしをしたのですが、他の大型スピーカーが鳴ってるんじゃないかと錯覚するほど豊かな低音や粒立ちの良い中域が聴いていて快感でした。価格帯と仕様からCM8などとよく比較されているようですが、それぞれキャラクターが立っているので使用されるオーディオファンの層がハッキリ分かれている印象ですね。 日本製らしい音も作りもキッチリカッチリという表現がピッタリだと思います。

フォステクスのGX103MAはもちろん、その他のオーディオ機器の買取もお任せください。

重量物から小型の物一点から喜んで査定させて頂きます。
まずはとにかく、当店のオーディオ機器についての買取トップをご覧ください。
よくある質問やネットからの査定フォームなど詳しい案内ページをご用意しておりますので、機器の売却ならぜひハイサウンドをご用命ください!

Related Posts
無料査定・ご相談は0120-083-084
無料査定フォーム LINE査定
オーディオ買取のハイサウンド
本社:埼玉県坂戸市中富町57-1
東京店:東京都豊島区西池袋5-24-10 1F
出張所:埼玉県新座市道場2-1-11
その他、買取拠点4箇所あり

営業日:年中無休 9時~20時 (買取のご依頼は24時間受付)
連絡先:049-282-6805