ACUSTIK-LABの高価買取りなら

当ウェブページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

こちらのページはオーディオショップ「ハイサウンド」が不定期に更新をしているオーディオ買取り情報ブログでございます。

オーディオの売却や買い替えを検討中のお客様へ向けた買取強化品目や、お知らせなどについて更新しております。

今回も内容も、ACUSTIK-LABのオーディオ買取りについてお知らせいたします。

同社はスイスのベルン市の近くにあるレングナウ村に、当時18歳だったゲルハルト・シュナイダー青年が時計の製造機の制御回路開発の仕事に従事中に、オーディオメーカー「ACUSTIK-LAB」を設立したことからその歴史が始まります。
設立から2年後の1986年には同社の第一号機である「Argon」スピーカーシステムを発表しました。
ブックシェルフ型の小ぶりなSPで、当時のスイスにはArgonのような優れた小型スピーカーがなかった為、各専門紙やオーディオマニアから絶賛される功績を得ました。当店でも本機はオーディオ買取の対象となっております。続いて、1990年には本機は日本のデビュー作でもあり、オーディオ製品二号機になる「Boleo」を発表します。こちらも小型SP機でユニットにはフランス製のものを使用していました。その翌年にはBoleoをベースに改良を加えたボレロ・グランデを発売します。本機は一見、2個の12.5cmユニットによるダブルウーハー設計のように見えますが、実は3ウェイ機で、オリジナルのボレロのクオリティとバランスを承継しながら、再生レンジの拡大を図っています。いずれのモデルも、現在の中古オーディオ市場で大変人気の高い型となっており、もちろん当店でもオーディオ買取の対象品とさせていただいております。

その他、数ある同社のオーディオ機器の中から特に買取に力を入れているモデルをご紹介させて頂きます。

・ACUSTIK-LABのオーディオ買取強化モデル

Acustik-LabのスピーカーであるStella Elegans

ハイエンドスピーカーシステムのStella Elegansを高価買取り致します。

本機はドイツの音響研究者である「ヨーゼフ・W・マンガー氏」が長年に研究を重ね生み出した独自のオーディオユニットである「ベンディング・ウェイヴ・トランデューサー」を搭載しており、これを130Hz以上のレンジを担がせ低域は別アンプで駆動させる設計となっており、22cm口径ウーハーが2機搭載されています。そしてなんといっても一度目にしたら忘れられない程、独創的で美しいエンクロージャは人気の理由の一つでもあります。もちろん、音についても一級でBWTユニットの独特な音と自然につながる低音が一体となって非常に心地よい音を聴かせます。アクースティックラボのリファレンスの名に恥じない完成度として、現在でも希少名機とされている人気の高いオーディオ機器です。現在、本機は特に買取りに力を入れている一台となっておりますのでオーディオの入れ替えや売却を検討の際はぜひ当店をご利用ください。

その他、ACUSTIK-LABのオーディオ買取りなら専門ショップのハイサウンドにお任せください。
当店はオーディオ機器の買取と販売を行う専門店です。
おかげさまでこれまで数々のスピーカーやアンプ、その他周辺機材の買取実績がございます。

大型の物から運び出しが困難な物や大量の処分といったご依頼でも当店のスタッフが全て搬出対応いたしますので、お客様は立ち会うのみで手間要らずで簡単にお品物が売却ができる流れとなっております。

出張の他、宅配でのオーディオ買取についても、「らくらく家財宅急便」サービスを利用した方法で、運び出しや梱包が困難なものでも簡単に買取依頼ができる内容となっております。

詳しくはTOPページをご覧ください。

もちろん当店の店舗まで直接お持込での買い取りも可能となっておりますので、まずはお気軽に無料の査定お申し込みください。 その際、手引きや流れについてスタッフが迅速丁寧にお知らせさせていただきます。

本日もお客様からのご相談、心よりお待ちしております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>