PioneerのスピーカーS-F1の買取額

今回もオーディオの買取専門店ハイサウンドの情報ブログの更新をいたします。

紹介させて頂くのは老舗オーディオメーカーである

Pioneerのスピーカーシステム、S-F1の買取についてです。

1980年代初期に発表されたハイエンドスピーカーのS-F1は、当時、4ウェイマルチウェイ方式が主流となっている時期に発表された異色の存在でした。

スピーカーのS-F1

高解像度化を目指して各オーディオメーカーからさまざまなモデルが発表されていた時期ですが、4ウェイ化にあたっては基本的に各スピーカーユニットの配置に差が出来てしまいます。

リスニングポイントに達する音の波面に違いが生じた場合にはいうまでもなく完全にブレンドした音は望めなくなり、バラバラになって音色面でも音像定位の面でも問題がでてくる結果になってしまいます。そこで古くからそういった問題点を考えTANNOYやALTEC、JENSENなどで有名な同軸ユニットはこの問題を考慮し生み出された構造で、ウーハーやスコーカー、ツィーターを同一軸上に配置をしそれぞれのユニットからリスニングポイントへの距離や角度を一致させて音を完全に同一化させようというのが狙いです。

しかしながら、同軸を実現する為には非常に複雑な構造を必要とする難点があります。

そして本機では正方形の平面振動板を同心角状に区切り、外側からウーハー、スコーカー、ツィーター、スーパーツィーターの順で4ウェイ同軸という驚愕なスピーカーを搭載しています。

このユニットは従来の同軸型マルチウェイユニットに比べて、理想の形へ一歩先に行くPioneerが威信をかけて生み出した堂々たる物でした。

同軸上ですべてのユニットともに平面波を放射することに成功したのはおそらく同社のみではないでしょうか。その他、それを包むエンクロージャーやネットワークといった細部にまで行き渡った細かな作りも素晴らしい物です。

PioneerのS-F1の買取額:¥100000~150000

その他、同社のプロフェッショナルブランドであり、現在ではコンシューマモデルも発売してるTADやExclusiveのオーディオ機器はとくに高価買取対象となっております。

大型モデルの買取でよくある質問で、「搬出はどうすればいいでしょう?」とお問い合わせいただきます。

当店では出張の際は専門スタッフがすべて無料にて搬出対応をさせていただき、宅配については専用の搬出発送方法がありますので、とても簡単にオーディオを売却することが可能となっております。

詳しい方法についてはこちらへどうぞ→買取の流れについて

もちろん、買取を考えているが、まずは金額を知りたいといった場合も、出張にて現物査定はもちろん、お電話やネットにて無料査定を行っております。

ご不要になった機材の整理はオーディオの専門店のハイサウンドへぜひお申し付けください。

オーディオ買取り専門店のハイサウンドTOP> PioneerのスピーカーS-F1の買取額

Related Posts
無料査定・ご相談は0120-083-084
無料査定フォーム LINE査定
オーディオ買取のハイサウンド
本社:埼玉県坂戸市中富町57-1
東京店:東京都豊島区西池袋5-24-10 1F
出張所:埼玉県新座市道場2-1-11
その他、買取拠点4箇所あり

営業日:年中無休 9時~20時 (買取のご依頼は24時間受付)
連絡先:049-282-6805