状態の良いLUXKIT 3500とプリ3032が入荷いたしました。

こんばんは、本日は夜のオーディオ買取のブログ更新中のハイサウンドです。

ここ2.3日はとても涼しい・・・というより寒い陽気でしたね。
まさかこの時期に暖房をつけたくなるとは思いませんでしたよ。

事務処理している隣が試聴用オーディオルームとなっている為、特に冷えやすいんですよね・・・。現在、上着を着込みながら更新をしています・・・本題に移るとします!

埼玉県は老舗オーディオショップ様やリペアショップ様が多いので、業界の方から一般の方までオーディオファンの人口が多いようです。そのおかげか、当店も持込買取のご依頼がとても多いのですが、重量物が多いオーディオ機器の運び出しは一苦労ですので、当店からお近くにお住まいのお客様でも、ご気軽に出張ご依頼ください。

それでは今回も、当店にやってきたオーディオ機器達の紹介をさせていただきますよ!

今回はこちら、LUXKITの管球ステレオアンプA3500とプリアンプのA3034を買取

プリアンプA3032

パワーアンプのA3500

国産機やラックスのアンプ機の中でも往年の名機達ですね。また、経年から考えると、とにかく両方とも状態が良いです。元箱、回路図、マニュアルまですべて揃っています。

どちらもLUXKITの中でも定番のアンプですね。

プリアンプのA3032といえばCL32のキット版として販売されていた物で、CL32の定価が128000円なのに対してA3032は定価88000円と4万円ほど価格設定に差があったので、現在の市場に出回ってる数は同じぐらいに感じますね。

パワーアンプのA3500はシャーシに若干サビ浮きがあるものの全体的にとても綺麗です。

球もオリジナルの物がそのまま残っていますね。

長い間保管されていた物だったそうですが、保管方法が良かったようですね~

恐る恐る電源を入れましたが、特に問題なく鳴ってくれたので一安心です。

数時間は硬い音でしたが、現在は柔らかいラックストーンが蘇ってきた印象です。

こういったキットオーディオは故障してしまうと価値がない物と思われがちで、廃棄してしまったというお話が多いのですが、部品取りやレスアトアベースとして必要とされている方は数多くいらっしゃいます。当店でも専用の買取ページを掲載させていただいております。

当店ではWestern Electricのアンプやスピーカーといった歴史的ビンテージ品はもちろん、最新モデルのオーディオ機器すべて買取対象となっております。

無料出張査定・全国宅配買取・店頭買取対応となっております。
気になったことやご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください

Related Posts
無料査定・ご相談は0120-083-084
無料査定フォーム LINE査定
オーディオ買取のハイサウンド
本社:埼玉県坂戸市中富町57-1
東京店:東京都豊島区西池袋5-24-10 1F
出張所:埼玉県新座市道場2-1-11
その他、買取拠点4箇所あり

営業日:年中無休 9時~20時 (買取のご依頼は24時間受付)
連絡先:049-282-6805