MICRO 砲金ターンテーブル BL-111が入荷いたしました。

毎度お世話になっております。ハイサウンドです。

今日はへとへとの中ブログ更新ですよ。 昨日も相変わらず汗が吹き出るような陽気でしたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

当店はオーディオ買取させていただいた機材の整理をしていたのですが1時間も作業してるとシャツがビショビショになってしまいました・・・。

気を取り直して、今回も買取させて頂いたオーディオ機器の中で珍しい一品を紹介させていただきますね。

今回はこちら、MICROの砲金ターンテーブル BL-111を買取いたしました。


BL-111

つい最近紹介させていただいた、BL-91のエアベアリング砲金仕様に続いて、今回のBL-111と・・・なにやら砲金に縁があるようです。

うーん やはり砲金ターンテーブルは良いですね。 眺めているだけで一日過ごせそうです。

前オーナー様のオーディオに対する気持ちが伝わってくるような美しい状態です。

これまで砲金ターンテーブルは数多く買取させていただいておりますが、どうしても砲金は経年による黒ずみ汚れが起きてしまうんですよね~。 だからといって安易に研磨してしまうわけにもいかないので、保管環境や日々のメンテナンスによって、状態にモロに出てくるオーディオ機器でもあります。 しなしながら、当店では黒ずみやかなり状態が悪いものでも問題なくオーディオ買取りの対象となっておりますよ!

砲金ターンテーブルに糸ドライブ(ベルトドライブも可能ですが)なんていう構成は日本製ターンテーブル特有の贅沢品ですよね。

とにかく強固な作りで本体重量38kgと、振動に負ける気がしないですね。

トーンアームにはSAECのWE-308を使用されていたようです。
説明するまでもないと思いますが、ダブルナイフエッジの定番機ですね。
現代のハイエンドプレイヤーも良いですが、アナログ全盛期時代の製品も当時の熱を感じられる良さがありますね。

当店ではビンテージターンテーブルは高価査定対象となっております。

当WEBサイトにてMICROの専用ページもご用意しておりますので、買取のご依頼はこちらからどうぞ

マイクロをはじめとした、デンオンやテクニクスなど当時名機とされていたモデルはもちろん、マカラやメルコ、オンキョーの希少モデルも喜んで買取りさせていただきます。

トーンアームやカートリッジ類も一つ一つ査定させていただきますので、ご安心してご依頼いただけます。

下記の関連ページにもありますが、これまで同社のオーディオは数多く買い取り実績がございます。 アナログが再ブームしつつある今、売却を検討中のプレイヤーなどがございましたら是非とも当店へ買い取りのご用命ください!

電話・ネット・無料出張査定対応となっておりますので、お気軽にお問い合わせください。

詳しくはハイサウンドのWEBサイトのトップページまでお越しください。

本日もオーディオプロでありマニアでもあるスタッフ一同、お客様からの買い取りご依頼心よりお待ちしております。

Related Posts
無料査定・ご相談は0120-083-084
無料査定フォーム LINE査定
オーディオ買取のハイサウンド
本社:埼玉県坂戸市中富町57-1
東京店:東京都豊島区西池袋5-24-10 1F
出張所:埼玉県新座市道場2-1-11
その他、買取拠点4箇所あり

営業日:年中無休 9時~20時 (買取のご依頼は24時間受付)
連絡先:049-282-6805