買取品のPIEGAのTC70Xや、査定強化中のDaniel Hertzについて

お世話になっております!12月も残りわずかですね。
査定業務のピークを迎えるこの時期、おかげさまで様々な機器が入荷しております!

その中から気になった買取品、ピエガのTC70Xをご紹介させていただきます。

TC70X

イタリア語で折り曲がったものを意味する「ピエガ」はスイスのオーディオブランドです。

当初はリボンツィーター単体を専門に製作するメーカーでしたが、その音質の良さが評判となり次第に独自のスピーカーシステムも手がけるようになりました。

ピエガ製品の特徴としては、精巧かつモダンなデザインのアルミエンクロージャと、リボンツィーターを使用した繊細でクリアな音質がポイントとなっております。

買取品のTC70Xはまさにその典型といえる一品で、18cmダブルウーファーと同軸ツィーターを搭載した3ウェイ方式の仕様です。
購入からまもなく元箱に入れて保管されていたとのことで、素晴らしく状態が良い物でした。

ハイサウンドではピエガのスピーカーは全般的に買取を行っておりますので、売却検討の際は気兼ねなく査定金額をお問い合わせください!

 

続いては買取入荷ではなく査定強化中のDaniel Hertzについてお知らせです。

daniel

言わずも知れた、マークレビンソンが主宰のオーディオブランドですね。

同氏といえばMLやCelloに在籍していた頃には、マニアを唸らせるモデルを次々に世に送り出し、オーディオ作りのカリスマとして広く知られるようになった一方で、思わぬトラブルによって2度も自分の会社をクビになるという経験を持つ苦労人でもあります。なんだかオーディオ界のジョブズみたいですね。

1999年の時に3度目の挑戦として新しくスタートしたブランド、「RED ROSE MUSIC」は従来の特定の層にだけ訴えかける物ではなく、多くの音楽ファンに愛用してもらいたいという願いから現実的な販売価格と、省サイズを重視した製品作りをメインとしていました。

それまでに手がけることのなかった管球アンプや小型スピーカーをラインナップにしたことで、日本でも大きな話題を呼びましたが、いつの間にかその姿を消してしまいました。
ここでも会社でのトラブルがあったようです。
その後は、同氏について話題が上がらない時期が続いていましたが2011年にDaniel Hertzを立ち上げ、復活を遂げました。
このブランドでは原点に戻り最上級の機器製作に専念するということで、発表されたアンプやスピーカーすべて高級品のみとなっています。
最近ではPCオーディオの分野にも力を入れているようで、MASTER CLASS 1.0というソフトウェアのミュージックプレーヤーも用意しています。

>中古オーディオ買取専門店のハイサウンド|全国対応
当店ではDaniel Hartzはまだ買取の実績がない為、特別キャンペーンの査定額をご提示中です!

Related Posts
無料査定・ご相談は0120-083-084
無料査定フォーム LINE査定
オーディオ買取のハイサウンド
本社:埼玉県坂戸市中富町57-1
東京店:東京都豊島区西池袋5-24-10 1F
出張所:埼玉県新座市道場2-1-11
その他、買取拠点4箇所あり

営業日:年中無休 9時~20時 (買取のご依頼は24時間受付)
連絡先:049-282-6805