SONY製のアンプやオーディオの買取りについて

こんにちは、オーディオショップ「ハイサウンド」の買取情報ブログです。
今回はSONYのオーディオ機器についてお知らせいたします。

SONYといえば言わずと知れた電機メーカーの最大手ですが、過去には精力的に高級オーディオを数多く開発していましたね。日本で初のステレオ・オープンリール・テープレコーダーを開発したことでも有名です。
また、ソニーのオーディオの音を決定付けたのもオープンリールデッキが元と言われています。

フォノカートリッジやトーンアーム、ターンテーブル、アンプといったオーディオ機器の中で常に各時代の最先端技術を開発し、世界のソニーの名を欲しいままにしてました。

スピーカーでいえば、初期の作品で低歪みを実現したULMシリーズをはじめ、優れた性能と優れた音質間の非整合性に悪戦苦闘していましたが、70年代からはPCM技術が公開された時期とともに3ウェイシステムのSS-G7やG9などの独自の技術を盛り込んだスピーカーを発表し、非常に高い評価を得ました。 現在の中古オーディオでも大変人気のあるモデルとなっており、当店も買取対象となっております。

その後、オーディオの舞台でCDプレイヤーを生み出したというSONYの功績は,今更説明するまでもないと思います。自社からもエントリーモデルから超ハイエンドプレイヤーの数々を発表していましたね。なかでもCDP-R10やDAS-R10は現在でも非常に希少価値の高いオーディオとなっており、買取相場も落ちづらいものになっています。

●SONY製オーディオの買取強化対象品

現在、ハイサウンドで買取強化となっている製品を紹介いたします。

  • TA-ER1 プリアンプ

TA-ER1

独立電源部を持つバランス優先設計のフラッグシップ機ですね。

電源とコントロール部を独立とさせた設計で、内容としては超高SN比が最大の特徴となっており、当時の技術の集大成というべき完成度のプリアンプでした。
定価も100万円と当時のSONYの意気込みを感じられます。
ハイサウンドでは上記のモデルはもちろん、ハイエンドオーディオは高価買取いたします。

その他、SONYのビンテージ、エントリー機問わず、ピュアオーディオの買取ならハイサウンドにお任せください!

年中無休でお客様からのご依頼を受付しておりますので、お気軽にお電話またはメールにてお問い合わせください!

 

オーディオの買取のハイサウンドトップ>SONY製のアンプやオーディオの買取りについて

Related Posts
無料査定・ご相談は0120-083-084
無料査定フォーム LINE査定
オーディオ買取のハイサウンド
本社:埼玉県坂戸市中富町57-1
東京店:東京都豊島区西池袋5-24-10 1F
出張所:埼玉県新座市道場2-1-11
その他、買取拠点4箇所あり

営業日:年中無休 9時~20時 (買取のご依頼は24時間受付)
連絡先:049-282-6805