Wadiaのオーディオ買取ならおまかせください。


ユニゾンリサーチのロゴ アメリカのハイエンドオーディオブランド Wadiaの歴史は1988年にワディア・モーゼスがダン・モーゼスとロバート・ブラッドフォードの共にワディア・デジタルを設立したことから始まります。
そして1989年にはデコーディング・コンピューターと名付けられた同社の記念すべき第一号機 DAコンバーターのWadia 2000を発表しました。

Wadiaのオーディオ機器


第一号機であるWadia2000は、デジタルフィルターのオーバーサンプリングを独自開発のソフトウェアによってDSPを使った独自の処理が特徴でした。
アルミ削りだしの筐体に内部にコンピューターやDSP-のデジタルブロッグが整然と並んでいる姿はCD再生の革命的な存在でした。
ワディア2000は64倍というアップサンプリングを行っていましたが、16倍アップサンプリングのワディア1000が登場したあと、32倍リ・サンプリングのDMIX32が登場しました。以降64倍と32倍のCDプレイヤーのラインナップが形成されるようになりました。

デコーディングアルゴリズムのソフトウェアは当初はフレンチカーブと呼ばれるタイプでしたがすぐにデジマスターにバージョンアップされました。

当時、DAC黎明期の他社のモデルは音が硬いといわれる物が多く、CDの音がワディアのDACを使用することによってまるでアナログプレイヤーのような豊かな音質の向上すると言われ多くのオーディオファンの心をわしづかみにしました。

同社初の一体型CDプレイヤーであるWadia6はVRDSメカを搭載し、高精度性能のメカとWadiaのDACがマッチし、ハイエンドモデルとしては異例の販売台数を誇ったそうです。


買取リスト一覧(記載されていないモデルも喜んで買取いたします)


●Wadia デッキ類
2000 27など DACシリーズ
7 8などのCDトランスポートシリーズ
Wadia 16 21 などCDプレイヤーシリーズ

その他、Wadiaの製品はすべて買取可能となっております。


無料出張、全国宅配買取対応です。
ハイエンド品や、大量買取のご依頼は全国無料出張対応いたします。
気になる物や、買取のご依頼は下記の連絡先までお申し付けください。



  ネット無料査定・買取ご依頼はこちらのメールフォームをご記入ください。


ホーム|買取の流れ|買取査定ご依頼|会社概要|プライバシーポリシー|よくある質問|相互リンク|リンク|サイトマップ
Copyright © 2011 High Sound All Rights Reserved.