オーディオ専門店


THORENS(トーレンス)の買取なら、弊社にお任せください。


Thorensのロゴ Thorensとは?

ベテランオーディオファンであればその名を知らない方はいないと思います。
ヘルマン・トーレンスがオルゴール製造のためにトーレンスSAを創立したのは1883年の時で、そこから蓄音機を開発に成功、それに続き楽器から、現代でも有名なオーディオ機器の開発を続けtえいます。日本では主にレコードプレイヤー(ターンテーブル)のメーカーとして有名ですね。
1960年代にはビンテージオーディオシーンでは巨匠的存在「EMT」フランツ社と共同出資の形態をとっていました。
その中でもオーディオファンから脚光を浴びることとなったのは1957年に発表された「TD-124 ベルトドライブアイドラー型」のターンテーブルの登場からです。
当時の背景にはリファレンスとして有名だった英国のガラードの名機「301」を意識して開発されたもので、圧倒的にワウフラッタが少なく、静寂性の高いターンテーブルとして究極の一台と言われていました。 もちろん当店ではTD-124の他、ガラードの301は数あるオーディオ買取対象の中でも特に力を入れておりますので、買取検討の際は是非お問い合わせください!

ちなみに、上記に出てきたEMTもオーディオ買取対象となっております。
詳しくはこちらへどうぞ→EMT買取りページ


オーディオにおけるTHORENS(トーレンス)の特徴


トーレンスのレコードプレイヤーといえば、外観はあまり飾りつけのしない、シンプルなモデルが多いのが印象です。トーレンスが開発した、ベルトドライブ方式やサブシャーシ・フローティング構造が有名で、地面やモーター、スピーカーの音などの不要な振動を内部のサスペンションで吸収するような構造になっています。全ての製品で、高品質でとても精密な作りが売りです。

●買取り強化対象品

当店では現在、Thorensの当時トップモデルであった「TD520」を高価買取中です。
シンクロナスモーターを電子制御で使うダブルターンテーブル型ベルト駆動のプレイヤーで、トーンアームにはSMEの3012Rと組み合わせて販売もされていました。メカニズムはとにかく見事の一言で、要所を巧妙に押さえたトータルバランスの良さは老舗オーディオメーカーの「Thorens」ならではといった完成度です。
現代のリファレンス機としてもまったく劣らず、オーディオの買取需要もとても高い一台となっております。

前記にあるSMEの3012Rを始めとした、トーンアーム単体も現在では大変価値の高い物数多くあり、買取強化対象となっておりますので、売却検討の際は一度無料査定でも結構ですのでお気軽にご依頼ください。


Thorens買取リスト一覧(記載されていないモデルも買取いたします)


・レコードプレイヤー(アナログプレイヤー)ターンテーブル
THORENS Prestige
TD124(黒台座のみでもOK) TD124MKⅡ TD126/MKⅡ~Ⅲ TD127
TD-134 TD-135 TD147 TD-150 TD-160 TD-165
TD226 TD224
TD-318 TD320 TD350BC
TD501 TD520/RW TD521 TD520Super
TD850BC TD2001

・トーンアーム
TP929/S TP997 Thorens emt 101Limited

・カートリッジ
MHC-1

・蓄音機
Thorens HMV


弊社は、Thorens(トーレンス)のレコードプレイヤー等のオーディオ機器は全て買取対象となっております。

当店ではオーディオ機器のみを取り扱う専門店です。
お客様の売却や処分を検討中のオーディオを長年の知識と経験を持ったプロのスタッフが適正なを致します。
往年のビンテージ機から現行ハイエンドモデルなど、様々な同社のオーディオ買取り実績がございます。

全国対応でお客様の下へ無料出張はもちろん、送料無料の宅配買取や店頭まで直接お持込買取も行っております。
大手様に負けない買取額と迅速丁寧な対応を心がけており、年間買取実績は3000台を超えております。
ぜひ、お客様の大切に使われてきたオーディオを次のユーザー様への架け橋にハイサウンドをご利用ください。
年中無休でお電話とネットフォームにてお客様からの買取ご依頼、心よりお待ちしております。


お電話からの買取りご依頼

   ネット見積もり・買取ご依頼はこちらのメールフォームをご記入ください。

オーディオ買取のハイサウンド|買取の流れ|買取査定ご依頼|会社概要|プライバシーポリシー|よくある質問|LUXMAN買取|ALTEC買取|JBL買取り