中古オーディオ機器TAD製品を高価買取

TAD-M1の買取情報


・買取対象品について

TAD-M1はパイオニアのハイエンドオーディオブランドのスピーカーです。
TADは元JBLの技術担当副社長を務めたロカンシー氏を迎え、1975年に設立されました。
今も世界のスタジオで使用される業務用コンプレッション・ドライバー「TD4001」や「TL1601」など、これらは全てこのプロジェクトから生み出されました。ちなみに、これらは当店のオーディオ買取品目の中でも特に高価査定を行っております!
元々はプロフェッショナル向け音響機材のブランドですが、本機からコンシューマー市場に向けた製品を開発しています。
オーディオ買取市場でもExclusiveやTADは非常に人気があります。
TAD-M1は世界で初のベリリウム振動板の同軸ダイナミック型ドライバーをはじめとした同社の技術の集大成となるフラッグシップモデルです。TADが採用するベリリウム振動板は25年異以上の歴史と実績があります。ユニット構成としては16cm口径の同軸ドライバーと3.5cmのツィーター、ミッドバスには2個の25cm口径ウーハーを搭載しています。いずれもTAD-M1の為に新開発された、超高級ユニットです。その他エンクロージャについても複雑な曲面多様した非常に独創的な形で、これらは厚さ2cmの高密度な合板を52枚もプレスして積載して作られた強固な作りです。この非常に強固な作りのキャビネットをTADは「SILENT」と名づけています。また、底面にはバスレフポートを2箇所とバイワイアリング対応のターミナルが設置されています。
音色や空間、ダイナミクスの正確さを追及するべく、徹底した設計が随所に見られる作りです。
現在でもオーディオ買取市場で大変人気のある一台となっております。
スタジオからホームユースまで場所を問わず、スピーカーはソース素材に対して忠実でなければ現代のハイエンドオーディオ界では脚光を浴びることは難しいです。それらを開発と研究に3年以上も費やしたユニットや、美しいエンクロージャによって世界にTADの名を知らしめることに成功した一台です。

TAD-M1 ペアの買取額:¥1,000,000

その他、TADのオーディオ機器の買取なら当店へ!


TADのスピーカーユニット単体やPioneerやExclusiveといったオーディオは全て高価買取対象となっております。
過去にも2401Twinといった大型のモニターはもちろん、やTSM-2201といったニアフィールドといった数々の機器を買い取りさせて頂いた実績がございます。個人様のご依頼はもちろんのこと、スタジオからのご依頼も喜んで!

大量の予備にとっておいたユニットがある・・・ 壊れてしまってそのままの状態・・・といったご依頼も迅速に対応させて頂きます。
また、ドライバーやウッドホーンはとくに中古市場で人気のあるオーディオ機材となっております。自作スピーカーに使用される方や単純に補修部品として必要とされている方、海外のマニアからの需要も多いのです。
そんな貴重なオーディオ機器の整理などで手放すことを検討中のお客様はぜひ当店をご利用ください!

お電話での査定やおといわせ
電話での買取について
 ネット見積もり・買取申し込みはページ上部のネット査定タブからご依頼ください。

Copyright © 2013 High Sound All Rights Reserved.