店内の様子

dCS社のDACなどオーディオ機器の買取りならおまかせください。

dCS(データ・コンバージョン・システムズLtd)は英国のケンブリッヂに本拠を構えている、デジタルデータ変換機器の名門メーカーです。

ハイサウンドはdCSのDAコンバーターやオーディオ機器は全て買取り対象となっております。
便利な無料出張・全国宅配買取対応しております。

dCSの特徴

dCSはプロフェッショナル・フィールドで培ったノウハウをコンシューマー機でも取り入れたDACのハイエンドメーカーとして有名です。

1987年に同社を設立し、同年にdCS900というDAコンバーターを発表しました。
ワンビット方式を基本とした4ビット128倍オーバーサンプリングの設計で、フィリップスクラシックスの録音にも採用され、それ以降レコーディオングスタジオの分野でdCSのオーディオ機器が幅広く使用されることになります。その勢いに乗って1996年には同社初の試みであるコンシューマー向けのDACである「Elgar」を発表します。仕様としてはこれまでのプロユースモデルと同等のもので、筐体などの外観を変更し、トッププレートに放射熱特性と振動対策に優れた天然の石を採用していました。
当時、最高の分解能を持ち、96kHzのサンプリングまで対応できるDACがなかったことと、他では類を見ないデジタル感を感じさせない音質は当時のオーディオファンを唸らせました。

dCSのDACは独自のコンバージョン方式を採用しています。
通常ワンビットコンバーターは、文字通り1ビットずつをコンバートし、256倍などの高速オーバーサンプリングを行ってビット列変換を行っています。
ところが同社は5ビットの同時パラレル変換を処理し、ワンビットの特性であるローレベルリニアリティの良さを保ちつつ、オーバーサンプリング64倍と低く抑える、独自の方式を開発し採用しています。

また、通常のワンビットコンバーターではLSIにまとまった構成を使うのが普通ですが、dCSでは敢えてそれを使わず、ディスクリートという構成で独自の路線を歩んでいます。
最近のオーディオ機器のラインナップではCD/SACDプレイヤーや外部クロックなども手がけており、オーディオプレイヤー、周辺機器を主に取り扱っているようです。
いずれも高い評価を受けているオーディオ機器ばかりで、ハイエンドオーディオブランドの一流メーカーの座を揺るぎないものとしています。


PASSのALEPH1

dCSの買取リスト一覧(記載されていないモデルも喜んで買取いたします)


●DAC
DAコンバーターシリーズ
プロ・一般向け用問わずすべて
●外部クロック・トランスポートなど

プレイヤー、クロックシリーズも全て

その他、dCS製のオーディオ機器はすべてのモデルが買取り対象となっております。


dCS社のスピーカーは上記のリストにないものも喜んで買取させていただきます。
無料出張査定買取・全国宅配買取対応となっておりますのでまずはお気軽にメールかお電話にて査定ご依頼ください。
出張の際はその場で現金買取で搬出は当店のスタッフが対応いたしますので、ご安心してご依頼いただけます。



   ネット見積もり・買取ご依頼はこちらのメールフォームをご記入ください。

Copyright © 2012 High Sound All Rights Reserved.