KLIMAX KONTROL SEやAKURATE DSMなどLINNのシステムを買取致しました。

いつもお世話になっております。

ゴールデンウィーク突入!最高の行楽日和が続いてるので、特に用足しがなくても外に出たくなっちゃいますね。

ハイサウンドはGW中も休まず通常営業となっておりますので、気になることが御座いましたらお気軽にお問い合わせください!

ではでは、今週も買取品のご紹介させて頂きます。

s_s_IMG_20150430_025743~1

LINNのKLIMAX KONTROL SEを買取いたしました。

現代のハイエンドオーディオ界でトップブランドの地位に立つLINN。

その歴史は1972年、創業者のアイバー・ティーフェンブルン氏の再生音の追求という情熱によって生まれた「LP12」と共にスタートしました。

現在ではレコード会社を傘下に置き、システムからメディアまでユーザーに提供できる体制を整えるなど、常に業界の最先端を行く存在となっています。

リンの代表的なオーディオ製品といえば、なんといってもデビュー作のアナログプレーヤーのLP12。

発売開始から40年以上もの年月が経った今でも、現行にラインナップされている製品というのは他に例は少ないと思います。

LP12の成功で勢いに乗ったLINNは、アンプやスピーカーなど、ラインナップを拡大し

以降、LINN製品はワンブランドで統一するという使用方法を強めるにようなりました。

90年代に入ってからは個々の訴求を強めた独特なデザインや内外部ともにクオリティの追求を徹底するようになり、1990年代後半には、CDプレーヤーの最高峰とされているSondek CD12やKLIMAXシリーズを発表し、爆発的に多くのファンを獲得しました。

買取品のKLIMAX KONTROLもその内の一つです。

純度の高いアルミを使った削り出しの筐体に、独自のパルス電源やディスクリート中心の回路に高品質なパーツを使うことで、スリムながらも良質な音質を実現しています。

今回お譲りいただいたお品物は初代機のアップグレードSEモデルで、DPSの追加品となっておりました。

そして、これに合わせてAKURATE DSMも買取でやってきました。

ネットワークプレーヤーのDSにプリアンプやマルチ入力機能を追加した画期的な機器として登場し、2014年には今話題のEXAKTリンクの端子も標準装備されました。EXAKT ENGINEを持つスピーカーとあわせることで、よりスマートなシステムかつ、これまでにない音質の向上を実現する革新的な技術に対応したことで、今最も注目されているモデルとなっております。

こうなるとEXAKTシステムの実力を体験したくなってしまいます!

当店ではLINNの往年のプレーヤーはもちろん、現行のExaktシリーズも高額にて買取を行っております。ご不要になった製品の整理のさいはオーディオ買取専門店のハイサウンドまでご一報ください!

OCTAVEのV70SEやJ1-Projectの電源タップなどを買取しました。

お世話になっております!4月も後半に突入ですね。

今月もレトロなレア物から最新の高級機など、様々なオーディオ機器が続々と入荷してきております!

今回の買取ブログも、その内で特に気になったお品物をピックアップ致します!

V70SE

OCTAVE V70SEと強化電源のBlack Box。

最近、高級車のカーオーディオにも採用されたブルメスターをはじめ、ドイツ製のオーディオ機器が注目されていますね。

買い取り品のOCTAVEもその内の一つとなるブランドで、日本でも輸入管球式アンプ群の中ではトップクラスのセールスを誇っています。

同社は元々トランス作りをメインとしていたメーカーということも有り、真空管アンプの要となるトランスに独自の物を採用しているのがポイントとなっています。

また、そのトランス自体にもPMZという方式をはじめ、独自の設計が盛り込まれており、一般的な真空管アンプに使用されるEM方式のトランスと比べ変換効率を向上させるなど、大きな特徴を持たせています。

買取させて頂いたV70SEは、モデル名の通りチャンネルあたり70Wの出力を確保した管球式プリメインアンプです。出力管は標準で6557WEを搭載し、KT88やEL34などにも対応しています。回路はOCTAVE製品の最大の特徴でもある、5極管プッシュプル方式となっており、ミドルクラスのプリメインアンプ群の中では一際人気を見せる一台となっています。 続きを読む

B&WのXT2とPV1やLHD-X9を買取致しました。

ハイサウンドのブログページをご覧いただきありがとうございます。

前回に続いて珍しいB&Wのスピーカーがやってきましたのでご紹介致します!

XT2

こちら、XT2を買取致しました。

2005年にB&Wの新しいミドルクラススピーカーとして、XTシリーズが追加されました。

発売から間もなく大ヒットとなった本シリーズですが、コストと製造の手間がかかりすぎるという理由から一度生産が中止され、2009年に新モデルの発表と合わせて販売が再開されました。

ピュアオーディオは自分好みの音を追い求めるという性質上、リスニングルームで気構えて音楽を聴くという形になりがちです。

そこでB&Wの新しい提案として、XTシリーズでは生活空間のどこでも気軽に使えて、音質を損なわないスピーカーをコンセプトとしています。 続きを読む

貴重な限定品、805Diamond Limited Editionを買取致しました。

お世話になっております!またまたブログの音沙汰がない状況が続いてしまいました・・・

以前のハイサウンドのトップページをご存知のお客様は既にお気づきだと思いますが、この度ウェブページのデザインを一新しました。トップ以外のコンテンツにはまだ適応しておりませんが、随時更新を行っていきますのでよろしくお願いします!

それでは例によって、入荷品のお知らせです。

今回お客様から買取させて頂いたオーディオ機器の中でピックアップさせていただくのはこちら

805Diamond Limited Edition

B&W 805 Diamond Limited Edition

世界のオーディオブランドから発売されている高級ブックシェルフスピーカーの中でも、B&Wの805シリーズほど注目を集めているモデルは数少ないと思います。

初出は1991年にMatrix800シリーズのジュニアモデルとして登場し、現在のB&Wのスピーカーの要となっているマトリクス構造のエンクロージャやケブラーコーンの採用によって高い剛性を実現し大音量で鳴らしても音の崩れがなく、リスニングのスペースが狭い環境でもバランスの取れた音質性能を持ち、日本のオーディオ事情にも相まって大ヒットとなりました。その後もB&Wの勢いは衰えることなく、Matrixのフルモデルチェンジとしてノーチラスシリーズを発表したことをきっかけに、スピーカーのトップブランドの地位をゆるぎないものとしました。 続きを読む

Exclusiveのレア物、S5やラックスマンのPD444を買取いたしました。

お世話になります!またまたブログ更新が遅れてしまいました。
この時期は買取以外にも何かと忙しく、いつもウェブ更新がおろそかになってしまいます・・。
気を引き締めなおして、今回も最近入荷しているオーディオ機器をご紹介させて頂きますね!

まずはこちら、エクスクルーシブのS5を買取致しました。

s_s_DSC_0207~1

1980年代前半のパイオニアの本格的スピーカーといえば、独自のリボンツィーターの追加や大口径のダイナミック型ユニットを搭載したモデルがほとんどでしたが、後半に入ってからは小口径のウーファー二機の間にツィーターを挟んだ仮想同軸レイアウトのSシリーズが主力となりました。 続きを読む

TAG Maclaren Audioのコンポを買取致しました。

いつもお世話になっております!
今月は当買取サイトの新ページ作りに没頭中で、なかなかブログ更新に手がつれられない状況が続いております・・・。
まだ取っ掛かりの状態ですが、今月中には完成に漕ぎ着ける予定です。
s_high
モバイル表示にも対応しているので、現在のページよりも買取依頼が簡単に出来るようになります。
完成次第アップしていきますので、今後ともハイサウンドをどうぞよろしくお願い致します!

それでは買取のお知らせをさせて頂きます。

TAG MACLAREN AUDIOのシステムコンポを買取させていただきました。

s_DSC_0052
Maclarenといえば、一般的には音響機器ではなくモータースポーツを連想させますが、1997年ごろにオーディオ業界に参入すべく英国のAUDIOLABを買収し、高級志向のアンプや大型スピーカーの製作を開始していました。

ここ日本でもステラさんによる輸入が行われフラッグシップスピーカー、F1-RLAがオーディオ専門誌の表紙を飾るなど注目を集めました。主なヒットモデルはプリメインアンプの60i。ブランド力に負けない実力派の一台として、中古需要で一番人気となっているモデルです。

Tag Maclaren Audio製品の基本的な設計は英国のオーディオラボが担当している為、アンプ類は往年の名機、8000Aなどの影響を感じさせるスマートで実用性を重視した機器がほとんどとなっています。

外装面はタグマクラーレンならではといえる、フォーミュラなどで培った独自のデザインやマテリアルを積極的に採用しており、嫌味の無い高級感を感じさせます。

音質はブランドのイメージ的にハイスピード系を思わせますが、英国らしい角の立たない自然な音を聴かせてくれます。B&Wのスピーカーと相性がよいとされており、オーナー様もノーチラス805と合わせてご使用されていました。スレキズなどが目立つ状態でしたが、動作は良好です。本体の他に元箱や専用のテストCDなども揃っています。

s_DSC_0054

その他、合わせてご使用されていた周辺のアクセサリー類なども買取ご依頼を頂きました。

当店ではTAG Maclarenのオーディオ機器は全てのモデルが査定対象となっております。

特にトップモデルのF1-RLAは買取の実績がない為、特別価格にて受付を行っております。
中古オーディオ買取専門店のハイサウンド|全国対応
今回の一部の製品に限らず、幅広いメーカー品を取り扱い中です。ご不要になられた機器がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

EVのフラッグシップ、Patrician2を買取致しました。

こんにちは!3月最初のブログ更新です。前回に続いて、大変希少なオーディオ機器がやってきておりますのでご紹介させて頂きます。今回はこちら、EVのPatrician2を買取致しました。

Patrician2

現在でもプロ向けのオーディオ機器の分野ではトップブランドの地位に立つEV。
アメリカのスピーカーといえば、西ではJBL、東はEVと言われるほどの古い歴史を持つ老舗ですね。
ウェストコーストのスピーカーといえば、張りのある明るい音質が共通にありますが
EVを代表としたイースト系は逆に落ち着きのある独特な音質を展開しています。

現在はピュアオーディオの製品よりも、プロ向けの音響機器作りに力を入れているようで
一般向けのEV製品はあまり見かけることがなくなりましたが、かつては多くのライバルメーカーと張り合う名機達を世に送りだしていました。 続きを読む

コンバージェント・オーディオ・テクノロジーのJL-1などを買取致しました。

お世話になっております!今月は高級オーディオを中心に数多くのコンポ達が入荷しております。その中で気になったのがこちら

s_DSC_0017

国内ではまずお目にかかれないコンバージェント・オーディオ・テクノロジーの超ド級モノブロックパワーアンプJL-1が買取でやってきました。

同社といえば、1985年ごろにケネス・スティーヴンス氏によって立ち上げられたアメリカのオーディオブランドです。
とても職人気質の高いメーカーで、管球式オーディオの製品作りがメインとなっています。

このメーカーの面白いところは設立から10年間、ラインナップはSL-1というプリアンプのみだったという点です。 続きを読む

WE300Bの買取と新サイトのお知らせ

お世話になっております! 今回は買取品紹介の前にお知らせがあります。

当店の新しいサイト、ハイエンドサウンドを開設いたしました。

hiend-sound.com

安直なサイト名ですが、その名の通りより嗜好性の高いオーディオ機器の受付を中心とした買取のご案内をさせて頂く予定となっております。

まだまだコンテンツ不足となっておりますが随時製作を行っていきますので、今後とも当店をどうぞよろしくお願い致します。

では例によって、買取品のお知らせです。

ウェスタンエレクトリックの復刻版300Bのペアをお譲り頂きました。

s_IMG_1505~1

直熱管を使ったアンプの王様といえば、なんといってもこの300Bですよね!

このお品物に関しては、多くの方が深い知識をお持ちだと思います。

あまりにも名品なので今更書くこともないと思っていたのですが、買取のご紹介をまだ一度もしていなかったので、せっかくなのでピックアップさせて頂きます。 続きを読む

レアなHS-1500やラボラトリーシリーズのM-L10を買取致しました。

こんにちは、2月最初のお知らせです。

まずはこちら、Lo-Dのモニタースピーカー、HS-1500を買取致しました。

HS-1500

とにかく珍しいモデルですね!

そもそもHSシリーズのハイエンドモデル自体、かなり出物が少ないのですが
その中でもHS-1500は当時、あまりにコストと手間のかかる作りから受注生産での販売だったため、現存数がほとんどない希少品となっています。

HS-400で採用された画期的なアルミコーン構造とお決まりのギャザードエッジをまとった30cm口径のウーファーに、カスケード形状のホーンツィーターなど、とても豪華なユニットが取り付けされています。また、それらを担うエンクロージャについても抜かりのない内容で、ここまでやるか!というぐらい強固かつ高級な素材で作られています。おそらく、箱だけでも50キロはありそうです。
スピーカー端子はモニターユースを考慮してかキャノン型となっているので、一般的なターミナルに改造されている個体が多いようです。 続きを読む