Telefunkenのスタジオモニタースピーカー、O85aを買取

telefunkenの085a

とても希少なテレフンケンの放送局向けスピーカー、O85aを買取致しました。

ステレオ時代の到来に対応すべくテレフンケンが開発した希少モニタースピーカーです。

当時、放送局やマスター音源をレコードに刻む際のサウンドチェック用にO85aが活躍していたそうです。

ぱっと見た印象では時代を感じさせる一般的なレクタンギュラータイプといった感じですが、よくみると背面以外の全ての方向に固定式のサランネットが取り付けされているのが目に付きます。

メンテナンス性を考慮してか背面の蓋は最低限のマイナスネジと蝶番で固定されています。

箇所

 

内部は下の画像の通りで、高域のツィーター、中域のスコーカーを上下左右にそれぞれ8基、その下に30cm口径のウーファーを二基を搭載した物々しい内容です。

O85の内部

高域のユニットはコーンタイプでフレームはプラスチック製、ウーファーはアルニコ 4Ωの仕様

ネットワークはウーファーの下部に設置されています。 スペックについては仕様書によると再生帯域は40Hzから16000Hzで実用最大出力は35W。

一つ曖昧な点としては裏面に取り付けされている小さなタグに085aと表記があるのに対して仕様書ではO85aというモデル名になっています。
恥ずかしながら当店ではどちらが正しいのか把握していないのですが、モデル名について詳しい情報もないのでどちらも正解ということでいいのでしょうか・・・?

最下部にはユニット部の空間とは分けられてテレフンケンのV69というモノラルパワーアンプを納めるスペースがあり、これを組み合わせることでアクティブスピーカーとして使用することもできました。

買取品の085aにも元々はV69が搭載されていたようですが故障を期に取り外してお使いになられていたようです。

V69単体もヴィンテージオーディオの世界では大変な銘品として扱われており、もちろん買取需要もあります。

これだけの年数が経っているとサランネットのほつれやキャビネットに相応のヤレ感はあるもの、現存するO85aの中では良品といえます!

気になる音質はというと、半世紀前のスピーカーとは思えない鮮明な音質に驚かされます。
ジャンルを特定することなく懐深く対応してくれるため、オーケストラから現代のダンスミュージックまで独特の美音を聴かせます。
大編成の再生は得に素晴らしく、一般的なヴィンテージスピーカーのイメージを払拭する完成度のスピーカーです。

当店ではドイツ製のヴィンテージオーディオの買取も実施中です!

中古オーディオ買取専門店のハイサウンド|全国対応

テレフンケンやクラングフィルムのコンポーネントはもちろん、古典真空管なども単体で買取致します。

上記のサイトにていつでも査定受付中ですので、いつでもお気軽にお問い合わせください!

AUTHENTICの3001を買取致しました。

オーセンティックはNECの子会社としてスタートした音響ブランドです。
1993年に発足し、同年には買取品の3001スピーカーを完成させ、一般向けのハイエンドオーディオの世界にも参入を果たしました。
3001に続いてNECの伝説的な銘機、A-10のリバイバルをさせ、その後は特殊な音響機器の研究と開発の業務に注力されており
特殊なプレーナー・コンパクトタイプのスピーカーの設計を得意しています。

買取対象品の3001はオーセンティックのコンシューマーオーディオのスタートアップとして生まれた記念すべき希少モデル

3001

・オーナーマニュアルの案内を一部抜粋

旧来から直接的な変換機となるスピーカーユニットについてはその方式、素材などについての吟味や構造などについて徹底した探求がされ熟成の域にまで達しているといえます。
しかし、スピーカーシステムを構成するほかのコンポーネットに関しては十分とはいえないのではないでしょうか。
再生能力を最大限に引き出すためにはエンクロージャも重要なコンポーネントの一つと考え、AUTHENTIC 3001では必要のない共振を徹底排除することをテーマに従来では考えられない斬新な設計を採用。
最も振動の置きやすい部分はSPユニットが取り付けされるフロントバッフルになりますが、そこにまず抑制対策として御影石を配置。
そして、エンクロージャにはレコーディングスタジオなどにも使われる高強度なアピトン合板を使用し、デバイディング・ネットワークやその他構成するコンポーネントにも周到な制振処理が施されています。
また、ユニット構成は3ウェイシステムとしており、抵抗成分の少ない大型の空芯コイルや高品質のフィルムコンデンサーを厳選した上で採用、あえてアッテネーターを装備しないなど、音質劣化の原因となる部分を徹底的に排除。

付属の専用スタンドもエンクロージャの振動が最も少ない箇所に三点置きとしています。

音の追求に終わらず、見た目の考慮も抜かりがありません。シンプルな形ながら丁寧に処理されたエッジ部分など、一目みれば品質の高さがすぐに感じとれます。

刺繍の部分

サランネット部のロゴも刺繍にするこだわりようです。

これだけの内容になるとネックになるのがやはりプライス。当時の国産オーディオとしてはかなり意気込みを感じる設定でした。

買取のご依頼をいただきましたオーナー様は3001にあわせて、リザーブ電源で伝説的な存在となったA-10の最終モデル、XXとNECのCD-10というラインナップでご使用されていました。
この二点も買取となりましたので、後日ご紹介させていただく予定です!

当店では国産の高級ビンテージオーディオも高額にて買取を行っています。

中古オーディオ買取専門店のハイサウンド|全国対応

お問い合わせは上記のリンクからどうぞ!