ガルネリオマージュやMI-75買取致しました。

今回のオーディオピックアップはこちら!

DSC03212~1

ガルネリオマージュです。

イタリアのオーディオブランド、ソナスファベールのハイエンドラインにあるガルネリシリーズは
イタリアの名楽器職人、グァルネリ一族が作るヴァイオリンの中でも傑作とされている、デル・ジェスモデルの音色を最大限まで引き出すことを目的に1994年に誕生しました。
ガルネリ・オーマジュは高級スピーカー=大型スピーカーというイメージを覆す斬新な一台でした。

弦楽器と同じ製法を取り入れて作られるエンクロージャは非常に美しく、現行のエボリューションでも設計が受け継がれています。

DSC03213~1
専用のスタンドはメーブルベースに糸ゴムをまとった金属の支柱を合わせた
唯一、ガルネリオーマジュの欠点とされているのが、経年変化によりエンクロージャが鏡面部分が白く変色してしまうという点。

DSC03211~1
これは使用されている塗料に問題があるようで、1994~1999年に作られたお品物はどうしてもこの症状が発生してしまうようです。
それ以降に作られた個体は改善がなされているとのことですが、それでも中には同じような状態になってしまっている話も聞きます。

買取品のガルネリ・オマージュは1996年式のもので、残念ながら若干白濁化している箇所が見られます。また、糸ゴムをつかった斬新なサランネットは美しい外観と音質を際立たせるものではありますが、年数が経つにつれて張りがなくなり最終的には本体に取り付けが出来ない状態となってしまいます。

ガルネリ・オマージュは見た目の美しさも魅力の大きな要素となっているので、このような状態になってしまうと手放される方も多いようです。
音質的な影響はまったくなく、コンセプトどおり弦楽器の再生においては他に変えがたい実力を持ちます。

買取価格も長い間横ばいが続いており、白濁化が発生していない美品のものは相場よりも大幅に査定額アップが期待できます。

この他、業務向けオーディオ用のモノラルパワーアンプ、MI75も買取でやってきております。

IMG_20160425_174410~1

1952年に発売されたモデルで本国でも現存台数の少ない、オールドマッキンの希少モデルです。
Mcintoshの初期MC75とは同じスペックを持つ兄弟機にあたります。
出力管はKT-88か6556のプッシュプル。

シルバーフロントマスクにラックマウントシャーシという、とても無骨な仕上げです。

今回査定は倉庫眠っていたオーディオの整理ということで、長い間放置されていたため動作不良品となっておりましたが、希少品については動作が正常ではなくても大半のモデルが高価買取の対象となっております。

中古オーディオ買取専門店のハイサウンド|全国対応

同様のオーディオ機器をお持ちで処分にお困りのお客様はぜひ当店の査定お問い合わせください!

ウェスタンの22Aレプリカのペアを買取

新年度が始まりましたね!今月も続々とオーディオ機器が入荷しております!

今回はこちら、ウェスタンのカールホーン、22Aのレプリカ品のペアを買取致しました。

22Aレプリカ

ウェスタンのスピーカーの中でも555レシーバーと並んで定番となっているカールホーンの15,22,21Aのオリジナル品はその希少性から途方もない金額まで高騰し、その勢いは年々増すばかりとなっています。

カール部分

レプリカ品は比較的まだ現実的な価格ということもあり、中古品を求められる方が多く、当店でも査定強化品目とさせていただいております。

今回ご依頼をいただきましたオーディオシステムはゴトウユニットさんのツィーター、ウーファーにはアルテックの515にマルチダクトタイプのエンクロージャを組み合わせた大型のスピーカーシステムで、中域部に22Aカールホーンと中域ドライバーのSG555が取り付けされている状態でした。

ホーンは天井にアンカーをうち宙吊り状態にするなど、セッティングにもオーナー様の強い拘りが感じられました。
目立つキズやクラックもなく状態良好ですが画像の通り買取品の22Aはゴトウユニットさんのホーンユニットと同様のデットニング加工が施されていました。
このスピーカーシステムだけでも凄まじいお品物ですが、これ合わせて使用されていたアンプ類がまた驚きのお品物でした。
本スピーカーを鳴らしていたアンプは管球式がメインで、それらはすべてオーナー様が趣味で自作されたお品物でした。ここまではよくある話なのですが、その自作というレベルがあまりにも高く、なんとトランスから全てご自身でお作りになられておりました。業務用の巻線機と膨大な種類の線材をストックに置き、アンプ作りを行うにあたっては全て一からトランス巻きを行っていたようです。

これまでの売却ご依頼の中でも個人の趣味でここまで突き詰められていらっしゃる方はなかなかいらっしゃらずとにかく驚くばかりでした!

ただとても情けない話なのですが、当店では自作のトランスについてはリセールとしての価値は見出しづらいのが正直なところで、買取値はどうしても低くなってしまいます。

オーナー様とご相談の結果、今回は既製品のオーディオストックパーツや真空管類を中心に買取させて頂きました。

真空管についても使い込まれたお品物が目立ちましたが、珍しい球を中心にストックされていたようで

WE-212D

中でもこちらのWEの超巨大三極管は注目のひと品です。とにかくスケール半端じゃないですね~
その他いろいろなオーディオパーツがあり、いずれも中古相場以上の買取値にてご売却いただきました!
詳しくは後日自社の販売ページにてお知らせしたいと思います。

特殊なオーディオ機器の売却ならぜひ当店にお任せください。

中古オーディオ買取専門店のハイサウンド|全国対応

特にキットモデルの取扱には自信がございます。ぜひ一度ご相談ください!