金田式DCパワーアンプやD-175などを買取いたしました。

今回はこちら、金田式DCアンプのご紹介です!

金田式DCアンプ
オーディオ専門誌のMJで大変有名な金田氏が発表している独自の回路は、管球式からはじまり最近ではDACといったデジタル機器など多岐に渡ります。

その中で最も話題を集めている作品いえば、なんといっても買取品の金田式DCアンプです。

今回、No.144をはじめ、No.139など数多くのモデルをご売却いただきました。

No.144

指定の素子はもちろん、シャーシはかつての金田式アンプのお決まりだった鈴蘭堂さんのものが使われています。汎用性の高さから往年の金田式DCアンプの多くはこのシャーシが使われていました。

金田式DCアンプの音質はいずれも市販のハイエンドアンプにも勝る素晴らしいものばかりですがキットアンプという性質上、中古品の買取を行っているところは少ないため、オーディオショップで出物を見かけることは少ないのが現状です。

そこで当店ではキットオーディオを積極的に買取中です!金田式アンプをはじめ、管球式なども大歓迎ですので、お気軽にお見積もりをお申し付けください。

そしてもう一品珍しいオーディオがやってきているので、続けてご紹介させて頂きます!

D-175

こちらのD-175です。

ジム・ランシングがアルテックから離れ、自身のブランドを創立するにあたって最初のラインナップに用意したのがこのD-175でした。

現在でも名高いコンプレッションドライバーのLE175の原点です。

本国では数は少ないながらもまだ出物があるようですが、日本ではほとんど見かけることのない希少品となっています。

お譲りいただきましたD-175は出力は良好でしたが、残念ながらネジやダイヤフラムの交換暦がありました。

現行モデルであればダイヤフラムの交換暦があったとしても査定値に大きな影響はありませんが、ビンテージ品については当時のダイヤフラムにもプレミア価値があるため、故障などの理由で交換をしてしまうと大きく価値が落ちてしまうことがありますので、中古品の購入や売却の際のには注意しておきたいポイントです。

ちなみに当店ではダイヤフラムが交換されているものでも前見積もりの段階で交換暦ありとなしそれぞれの金額をご提示いたしますのでご安心ください!

また、キットオーディオの売り先が見つからずお困りのお客様!いつでもお見積もりをお待ちしております!

中古オーディオ買取専門店のハイサウンド|全国対応

査定方法についても、大まかな検品ではなく、トランジスタやトランス、真空管などの構成品を細かくチェックし、パーツ単体で価値があるものをしっかりと評価を行うため、高額買取が可能となっています。また、故障しているものや製作途中のアンプであっても同様ですので、まずは一度ご連絡をください!

アルテックのホーム用スピーカー、830ALagunaを買取致しました。

いつもお世話になっております。2月に入りましたね!

当店では現在、以前からお問い合わせの多かったオーディオ機器の販売サイトを製作中です!

used

とりあえず基本的な形は出来ているのですが、恥ずかしながらコンテンツや商品もほとんど掲載のないすっからかんな状態となっています(笑)
随時更新を行っていきますので、当買取サイトあわせ、どうか今後ともよろしくお願いします!

それでは買取のお知らせです。

今回のオーディオはこちら

アルテックのコーナー型スピーカーの830Aを買取させて頂きました。
IMG_20160201_230008

アルテック初の民生用スピーカー、コーナー型820Aの後継機として発売されたのがこちらの830Aです。

業務用のボイスオブザシアターシリーズの音を崩さずに通常のリスニングレベルで再現出来るスピーカーを目指して作られた本機。

1959年の時、ホームユースのラインナップに計6種類の83xAシリーズが追加され、ラグーナはその内のトップに立つモデルでした。

830Aの特徴というと、まずはなんといっても美しいエンクロージャのデザインが目に付きますよね~!
あらゆるオーディオのリスニングルームに馴染ことをテーマに、Glenn of Californiaというアメリカの家具メーカーに製作を依頼して生まれたデザインとなっています。

Glenn of Californiaというと、日本ではあまり聞き慣れないメーカーですが、同社の有名デザイナーを起用して作られてる家具は、本国では何十年も愛用しているマニアが多いようで、ラグーナに関してもオーディオマニアとはちょっと違った層から熱い視点を集めています。

ちなみに当時830Aシステムの発売と同時にキャビネットのみの販売も行っていたようです。キャビネット単体の型名は850Aとなっています。

IMG_20160201_230650

スピーカーユニットには511Bホーンと802Dドライバー、15インチウーファーの803Bを2発という組み合わせられています。レイアウトは820Aではウーファーが縦並びだったのに対して、830Aでは横並びとなっており、とにかくスケールの大きさに脅かされます。

IMG_20160201_230654

日本に輸入されたオリジナルのラグーナは非常に少なく、精巧に再現された国産レプリカのラグーナも存在します。
買取となりましたお品物はエンクロージャは本物であるものの、サランネットや裏蓋ネジの交換など、一度レストアが施されている状態となっておりました。

当店では830Aをはじめ、兄弟機の832Aのコロナやその他シリーズモデルの買取事例がほとんどありません。
中古オーディオ買取専門店のハイサウンド|全国対応

アルテックの民生用スピーカーはほとんどの型が高価査定が可能となっておりますので、ご売却をお考えのオーディオがございましたら、ぜひ当店のお見積もりサービスをご利用ください!