BARCO-EMTの930STやセイコーエプソンのΣ2000を買取致しました。

お世話になっております。今年もいよいよラストスパートに突入ですね~!

年末年始の営業についてですが、当店では平常通り買取受付を承っております。
休日を利用してオーディオの整理や買い替えによる売却・処分の際はいつでもお気がねなく当店の査定サービスをご利用ください!

それでは今回もご売却頂いたオーディオ機器の紹介をさせて頂きます。

まずはこちら、リムドライブ機の雄、930STをお譲り頂きました。930ST

スタジオ用のターンテーブルとして開発された930STは、現在でもヴィンテージオーディオの最高峰に位置するアナログプレーヤーですね!

930STはロングセラーを誇ったヒットモデルなだけに、年代によって若干の仕様変更が行われているため個体によって査定価格に開きがあります。

お譲り頂いた930STはBARCO期に入って間もない頃に発売された後期モデルのエレクトリ正規品でした。

155st

トーンアームの929やフォノイコライザの155の装備はもちろん、オプションのサスペンションも奢られておりました。

長期保管品のお決まりでもある、アイドラーをはじめとした消耗パーツの劣化はあったものの、保管環境が良かった為、外装部分はこれ以上にないといえるほどの美品状態を保っておりました。

当店では930STをはじめ、超大型機の927の買取にも力を入れております。

その他、オーディオ本体に限らず930-900や予備に取っておいたカートリッジ類、155st単体などの関連品も買取も募集致しております!

 

続いてはこちらΣ2000

なんと、先日入荷したΣ5000に続いて、Σ2000もご売却のご依頼をいただきました。

上位機の傾斜のついたターンテーブル構造や磁石内臓のアイドラーなどの基本な設計はそのままに、構成するパーツの簡素化を図ることで販売価格を抑えたSEIKO EPSONのエントリーモデルでした。とはいえ、一般的なオーディオ機器と比較すれば高額かつ製造に手間がかかるため量産は行われず、100台限定で販売されました。

Σ5000と比較すると、パッと見た印象では別体の電源が省かれただけのようにも見えますが、キャビネットの素材からトーンアームの設計など、多くの箇所に変更点が見られます。

買取品のΣ2000はプラッタの変色など、中古品なりの使用感はあるものの動作良好の良品でした。

930STとΣ2000、いずれも大変貴重な機器をご売却いただき本当にありがとうございます。

当店ではレコードプレーヤー本体をはじめ、トーンアームといった各種アナログパーツの買取を強化中です。もちろん、その他機種の同年代の名品から超高級機の査定も大歓迎です。

中古オーディオ買取専門店のハイサウンド|全国対応
売ろうか取っておこうか踏ん切りがつかずお悩みの方も、とりあえずお手持ちの機種がどれぐらいの値が付くのか、確認だけでもお気軽にお申し付けください!

ThorensのReferenceやハンマートーン301を買取致しました。

12月です!今年も残すところ一ヶ月をきりました。
何かと忙しい時期ですが、ここが踏ん張りどころですね。

当店では、今年最大の目玉となるアナログプレーヤーがやってきました!

Reference
こちら、ThorensのReferenceを買取致しました。

この圧倒的な量感!
付属品のダストカバーやオーディオボードを含めると、総重量100キロを超えるとてつもないプレーヤーです

トーレンスは当初、このアナログプレーヤーを市販することは全く念頭に置いておらず、自社のパフォーマンス用モデルとして開発を進めていたと語っています。
ベルトドライブやトーンアームのデータ取りを目的としているため、実用面やコストは一切の考慮がされておらず、これを市場に出しても採算が合わないだろうと踏んでいたそうです。
そのまま民生向けということは一切意識せず開発を続け、晴れて完成を迎えたころがたまたまドイツのオーディオショーの開催時期と重なっていたことから、試しにトーレンスのデモンストレーション用として展示してみたところ、予想に反して多くの購入希望の声が募り、世界100台限定で発売された特殊な背景を持つプレーヤーです。

発売されたのが1979年の時なので、ノーメンテで使い続けているというと何かしら問題を抱えている個体がほとんどです。買取品のReferenceはストロボライトの点灯不良やプラッタのシャフトに若干の焼けが見られましたが、いずれも致命的といえるような程度ではなく、全体的には良品といえる状態でした。

外装面では、金メッキ箇所が経年によって浮きが発生してしまう為、最近でフルレストア品をはじめ、オリジナルカラーに仕上げられた個体も見られます。

ちなみに、Referenceのオプションで用意されていた専用ラックは、本体以上に珍しいアイテムとなっています。オーディオ本体に限らず、そういった周辺品も思わぬ金額がつくケースがあるので、買取に出す際はぜひチェックしてみてください!

その他、ハンマートーン仕様の301も買取入荷いたしました。

ハンマートーン

キャビネットはユートピア製のもので、トーンアームには定番のRF297が取り付けされていました。本体各部も弄られた箇所もなく、ターンテーブルシートもオリジナルそのままの良品です。

いずれも大変貴重なオーディオ機器をご売却いただき本当にありがとうございます!

年内にオーディオ機器の見直しや売却をお考えの際は
中古オーディオ買取専門店のハイサウンド|全国対応
ぜひ当店の査定サービスをご利用ください。年中無休にて査定業務を行っておりますので、ご気軽にいつでも買取のご利用をください。