超重量パワーアンプ、MC2600を買取致しました。

お世話になっております!

11月は超重量級アンプの売却ご依頼を立て続けに頂いております。

まずはこちら、McintoshのMC2300の買取を致しました。

MC2300

アンプメーカーの老舗、Mcintoshがステレオパワーのトップモデルとして1970年代初頭のオーディオ界に投じたMC2300。

一般のオーディオシステムには十二分な出力性能はもとより、サイズ、重量、そして販売価格にいたるまであまりにスケールが大きいため、当時のオーディオ界のアンプ群の中でも一際憧憬を集めた名機です。

本機はスタジオユースなどの過酷な環境下にも余裕をある動作の実現と、メンテナンスフリーが重視していることから、背面には多きなクーリングファン2基搭載させています。
性能と信頼性の高さから高価ながら最終的に4500台を超えるセールスを誇るヒットモデルとなりました。買取品は同モデルではとても珍しい個人ワンオーナーで状態も良好でした。

ちなみに本国では特定の顧客向けに作られた特別仕様の個体が稀にマーケットに出てくるそうで、これらはコレクターズアイテムとして高値で売買されています。日本でも所有されている方は数名いらっしゃるそうですよ~!

そして偶然にもまったく同じタイミングで別のお客様からMC2x00の最終モデル、MC2600の買取ご依頼を承りました。

MC2600

いずれも頻繁に出物があるようなオーディオ機器ではないので、年に数回買取のお話があれば良い方なのですが、不思議なことにこういう現象はリユース業ではよくあることなんです。

前作のMC2500ではシルバーとブラックの二種類のパネルを選べたのに対して、MC2600ではブラックカラー一本となり、メーターパネルの配置などの面持ちも大きく変更されました。

出力もチャンネルあたり600Wとシリーズ最大となっています。

これだけの物量が投入されたアンプは現代では少ないという希少性という要素も、MC2600の根強い人気を誇る最大の理由は、往年のマッキンサウンドを受け継いでいるという点に尽きると思います。

43系はもちろんのこと、大型スピーカーとの相性は抜群で、現行では少なくなったキャラクターの濃い音質を楽しませてくれます。

DSC_1084

その他にも同じ時期にJEFF最初期の名機、MODEL7 Series3のペアも入荷しております。こちらも後ほど改めてご紹介させて頂きます!

中古オーディオ買取専門店のハイサウンド|全国対応
当店ではビンテージマッキンの買取は他に数ある音響ブランドの中でも特に買受を注力している品目となっております。
ソリッドステートから管球式まで種類を問うようなことはなく、MC2600のような重いオーディオ機器も大歓迎です。どこへでも無料見積もりにお伺いしますので、いつでもお申し付けください。

SEIKO EPSONのΣ5000を買取致しました。

寺垣氏といえばフリーの天才機械技術者であり、現在も新しい観点から発明続けれれている、物作りのエキスパートです。その熱意は止まることを知らず、80年代に入ると音響機器のメカニズムに注目し、自身の納得いくオーディオ機器の開発を始められました。

今回はその寺垣氏の代表作である、Σ5000が買取でやってきました!

Σ5000

なぜ最初の製品がスピーカーやアンプなどの代表的な物ではなく、プレーヤーだったのか?という点については寺垣氏の公式ページにてコンテンツが掲載されておりますが、買取の紹介させて頂くにあたって一部その内容を抜粋させて頂きます。

アナログ盤を作る工程で溝を掘る時に膨大な力が必要となることに注目した寺垣氏は、これだけの力が加わるということはまだまだ未知の音が詰まっているという可能性を感じ、オーディオテクニカさんと共同で全く新しい究極のレコード再生を可能にするプレーヤー作りを開始されました。

当初は高度な技術を駆使した超高性能なリニアトラッキングアーム搭載の精密機器の完成を目指し、何度も試行錯誤を繰り返した上に形となったオーディオイベントで出展を行うと大きな反響を得たものの、実際にそれを家庭用オーディオとして製品化するにはあまりに非現実的な価格となってしまため、それまでのモデルの根本的な目標を改め、完璧なアナログ動作を極めるモデル、Σシリーズのプロジェクトを開始されました。

寺垣プレーヤーの最大の目標はレコードに秘められている全ての音を取り出すことが最優先とされているため、機械的な精度を徹底的に追求しています。

また最も特徴的といえるのがターンテーブルが斜めに配置されているという点。
また、トーンアームはダイナミックスタティック型となっていますが、通常のアームのようにシェルの付け替え部分を廃して一体型となっています。

トーンアームの部分

これも全てアナログの音を引き出すために考えられたもので、そのほかにも他社製のレコードプレーヤーにはまず見られない独創的な構造がΣ5000には数多く見られます。

Σシリーズは本機の他に下位モデルのΣ2000や、公に発売はされずほとんど生産台数のない幻のΣ3000、この3つのクラスがありましたがいずれも全て生産は完了となっております。

とにかく希少なシリーズで、これまで買取の事例は一切ないプレーヤーです。この度はお取扱させて頂き誠にありがとうございます。

そのほか寺垣スピーカーについても買取はおろか、売却についてのお問い合わせが一度もない状況が続いております。
中古オーディオ買取専門店のハイサウンド|全国対応
もしこちらの買取ページをご覧頂いてる方でΣ5000や寺垣スピーカーの売却先をお探しのお客様がございましたら、ぜひ一度私どもへお見積もりお問い合わせをください!