KLIMAX KONTROL SEやAKURATE DSMなどLINNのシステムを買取致しました。

いつもお世話になっております。

ゴールデンウィーク突入!最高の行楽日和が続いてるので、特に用足しがなくても外に出たくなっちゃいますね。

ハイサウンドはGW中も休まず通常営業となっておりますので、気になることが御座いましたらお気軽にお問い合わせください!

ではでは、今週も買取品のご紹介させて頂きます。

s_s_IMG_20150430_025743~1

LINNのKLIMAX KONTROL SEを買取いたしました。

現代のハイエンドオーディオ界でトップブランドの地位に立つLINN。

その歴史は1972年、創業者のアイバー・ティーフェンブルン氏の再生音の追求という情熱によって生まれた「LP12」と共にスタートしました。

現在ではレコード会社を傘下に置き、システムからメディアまでユーザーに提供できる体制を整えるなど、常に業界の最先端を行く存在となっています。

リンの代表的なオーディオ製品といえば、なんといってもデビュー作のアナログプレーヤーのLP12。

発売開始から40年以上もの年月が経った今でも、現行にラインナップされている製品というのは他に例は少ないと思います。

LP12の成功で勢いに乗ったLINNは、アンプやスピーカーなど、ラインナップを拡大し

以降、LINN製品はワンブランドで統一するという使用方法を強めるにようなりました。

90年代に入ってからは個々の訴求を強めた独特なデザインや内外部ともにクオリティの追求を徹底するようになり、1990年代後半には、CDプレーヤーの最高峰とされているSondek CD12やKLIMAXシリーズを発表し、爆発的に多くのファンを獲得しました。

買取品のKLIMAX KONTROLもその内の一つです。

純度の高いアルミを使った削り出しの筐体に、独自のパルス電源やディスクリート中心の回路に高品質なパーツを使うことで、スリムながらも良質な音質を実現しています。

今回お譲りいただいたお品物は初代機のアップグレードSEモデルで、DPSの追加品となっておりました。

そして、これに合わせてAKURATE DSMも買取でやってきました。

ネットワークプレーヤーのDSにプリアンプやマルチ入力機能を追加した画期的な機器として登場し、2014年には今話題のEXAKTリンクの端子も標準装備されました。EXAKT ENGINEを持つスピーカーとあわせることで、よりスマートなシステムかつ、これまでにない音質の向上を実現する革新的な技術に対応したことで、今最も注目されているモデルとなっております。

こうなるとEXAKTシステムの実力を体験したくなってしまいます!

当店ではLINNの往年のプレーヤーはもちろん、現行のExaktシリーズも高額にて買取を行っております。ご不要になった製品の整理のさいはオーディオ買取専門店のハイサウンドまでご一報ください!

OCTAVEのV70SEやJ1-Projectの電源タップなどを買取しました。

お世話になっております!4月も後半に突入ですね。

今月もレトロなレア物から最新の高級機など、様々なオーディオ機器が続々と入荷してきております!

今回の買取ブログも、その内で特に気になったお品物をピックアップ致します!

V70SE

OCTAVE V70SEと強化電源のBlack Box。

最近、高級車のカーオーディオにも採用されたブルメスターをはじめ、ドイツ製のオーディオ機器が注目されていますね。

買い取り品のOCTAVEもその内の一つとなるブランドで、日本でも輸入管球式アンプ群の中ではトップクラスのセールスを誇っています。

同社は元々トランス作りをメインとしていたメーカーということも有り、真空管アンプの要となるトランスに独自の物を採用しているのがポイントとなっています。

また、そのトランス自体にもPMZという方式をはじめ、独自の設計が盛り込まれており、一般的な真空管アンプに使用されるEM方式のトランスと比べ変換効率を向上させるなど、大きな特徴を持たせています。

買取させて頂いたV70SEは、モデル名の通りチャンネルあたり70Wの出力を確保した管球式プリメインアンプです。出力管は標準で6557WEを搭載し、KT88やEL34などにも対応しています。回路はOCTAVE製品の最大の特徴でもある、5極管プッシュプル方式となっており、ミドルクラスのプリメインアンプ群の中では一際人気を見せる一台となっています。 続きを読む

B&WのXT2とPV1やLHD-X9を買取致しました。

ハイサウンドのブログページをご覧いただきありがとうございます。

前回に続いて珍しいB&Wのスピーカーがやってきましたのでご紹介致します!

XT2

こちら、XT2を買取致しました。

2005年にB&Wの新しいミドルクラススピーカーとして、XTシリーズが追加されました。

発売から間もなく大ヒットとなった本シリーズですが、コストと製造の手間がかかりすぎるという理由から一度生産が中止され、2009年に新モデルの発表と合わせて販売が再開されました。

ピュアオーディオは自分好みの音を追い求めるという性質上、リスニングルームで気構えて音楽を聴くという形になりがちです。

そこでB&Wの新しい提案として、XTシリーズでは生活空間のどこでも気軽に使えて、音質を損なわないスピーカーをコンセプトとしています。 続きを読む