MC2500のオーディオ買取についてお知らせ

厳しい寒さが続いていますね。
明日で3月に入りますが、このシーズンは引越しや片付け最中といった方も多いのではないでしょうか。

こちらはオーディオの買取専門店、ハイサウンドの買取情報ブログです。
さまざまなオーディオの紹介やお客様へお知らせなどについて更新を行っております。
今回はオーディオの買取強化対象品についてお知らせいたします。

紹介させて頂くのはこちら

続きを読む

Mark Levinson「No.23L」のオーディオ買取なら

こちらはオーディオ買取情報についてお知らせしているブログです。

ハイサウンドではハイエンドからビンテージオーディオまで幅広く取り扱いを行っております。

主に様々なオーディオ機器の情報についてや買取強化キャンペーンなどについて掲載させて頂いております。

今回はMark LevinsonのNo.23Lのオーディオ買取についてお知らせいたします。

同社は言わずも知れたオーディオメーカーの一流ブランドですね。
続きを読む

AVALONのOpusの買取ならお任せください。

ご覧いただきありがとうございます。
こちらのブログではオーディオの買取情報について、専門店のハイサウンドがお知らせしております。

今回のオーディオ買取品は、AVALONのスピーカー「Opus」についてです。

Avalon Acousticsのハイエンドオーディオ「Opus」はエンクロージャの底面にサブウーハーを備えた4ウェイユニット構成としフロアスタンディング型に仕上げたスピーカーです。
続きを読む

RM7Vのオーディオモニター買取ならハイサウンドへ

今回のオーディオ買取についてお知らせさせて頂くのはRM7Vについてです。

数あるスタジオモニター機の中でもREY AUDIOのモデルは大変人気があります。

同社のオーディオ機器は、主にスタジオ向けのプロフェッショナルユースのモデルがほとんどです。
続きを読む

WestlakeのスピーカーであるBBSM6のオーディオ買取なら

ご覧いただきありがとうございます。
こちらのブログではハイサウンドによる、オーディオの買取り情報をお知らせしております。

今回の更新内容は

Westlake Audioのスピーカーである、BBSM6のオーディオ機器買取についてです。

同社といえばアメリカのスタジオ業界では非常に有名なメーカーです。
当店でもこれまで数多くのWestlakeのオーディオを買取させて頂いた実績がございます。
続きを読む

YAMAHAのNSX-10000のオーディオ買取なら

こちらはオーディオ買取専門店であるハイサウンドの買取り情報ブログです。
取り扱いしているオーディオやメーカーについてお知らせをしております。

今回紹介させていただくのは

オーディオ買取情報:YAMAHAのスピーカーであるNSX-10000についてです。

ヤマハのスピーカーシステムは超ロングセラーを誇った伝説的な存在であるNS-1000Mの存在がとても有名ですね。
続きを読む

過去のオーディオの買取実績情報

ハイサウンドのオーディオ買取り情報ブログです。

今回は最近買取させていただいたオーディオ機器の紹介をさせて頂きます。

  • オーディオ買取実績1:AETのスピーカーケーブル SCR SP ペア

AETのスピーカーケーブル

AETのオーディオアクセサリ、SCR SPを買取させて頂きました。
続きを読む

SONY製のアンプやオーディオの買取りについて

こんにちは、オーディオショップ「ハイサウンド」の買取情報ブログです。
今回はSONYのオーディオ機器についてお知らせいたします。

SONYといえば言わずと知れた電機メーカーの最大手ですが、過去には精力的に高級オーディオを数多く開発していましたね。日本で初のステレオ・オープンリール・テープレコーダーを開発したことでも有名です。
また、ソニーのオーディオの音を決定付けたのもオープンリールデッキが元と言われています。
続きを読む

Maxonicのオーディオプリアンプである、SLC-021の買取なら

こんにちは、オーディオの専門店ハイサウンドです。
今回も買取情報についてのブログをお知らせさせて頂きます。

往年のオーディオブランドであるMaxonicの買取についてです。

マクソニックはそのルーツをたどっていくと非常に長い歴史を持つメーカーです。

SLC-021
続きを読む

PioneerのスピーカーS-F1の買取額

今回もオーディオの買取専門店ハイサウンドの情報ブログの更新をいたします。

紹介させて頂くのは老舗オーディオメーカーである

Pioneerのスピーカーシステム、S-F1の買取についてです。

1980年代初期に発表されたハイエンドスピーカーのS-F1は、当時、4ウェイマルチウェイ方式が主流となっている時期に発表された異色の存在でした。
続きを読む