Shanling社の真空管CD/SACDプレイヤー SCD-T200Cがやってきました。

こんにちは、ハイサウンドです。

明日で11月突入ですね。 個人的にはあっという間の印象です・・・。

今週はハイエンドから自作ビンテージなど面白いオーディオから貴重品まで数多くやってきております。

今回もその中から一つずつ、気になったモデルを紹介させていただきますよ!

今回はこちら

SCD-T200C

Shanling Auido社の真空管SACD/CDプレイヤー SCD-T200Cが当店にやってきました。

Shanlingというと日本ではあまりメジャーではないと思いますが、なんと中国の本格オーディオメーカーなんですね。

日本では定価34万円で発売されたこのSACDプレイヤーですが、どうしても浮かび上がる中国製品のイメージを根本的に覆す完成度です。なんといっても個性的な外観は男心(?)をくすぐりますよね!

初期はステンレス素材を使用した筐体だったようですが、マイナーチェンジ後のT200Cからはアルミ素材がメインとなっています。見た目だけでなく、質感、精度ともに大変しっかりしています。

内部構成はピックアップメカはSONY製、DACにはバーブラウンを採用や、デジタル系、オーディオ系、真空管サーキット用にそれぞれ独立した電源トランスを搭載しています。

出力にはTube OutとDirect Outがそれぞれ用意されていて、ソリッドステートとチューブサーキットどちらの音も気軽に楽しめる設計も良心的ですね。

CDの再生にはトップのパネルを上にあげ、用意されているスタビライザーをCDにセットするといった感じで、やはりSONY製のCDPを思い出させます。

アルミ製のリモコンやまるで社外高級アクセサリーのような電源ケーブルも用意されているのも作り手の熱意が伝わってきます。

非常にコストパフォーマンスの高い一台ですね。

ちなみに、上位機としてCD-T300というモデルも用意されているようですが、外観が完全にUFO型でこのモデルよりさらにインパクトがあります

当店では海外オーディオメーカーのエントリーからハイエンドモデルはほとんどのモデルが買取対象となっております。

マイナーメーカーからメジャー品まで、ご不用になったオーディオ機器がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ご依頼お待ちしております。

ハイサウンドのトップページ

TANNOY オートグラフ K3808が入荷いたしました。

いつもお世話になっております、オーディオショップのハイサウンドです。

今年も残すところ2か月ちょっと・・・ ラストスパート突入ですね。気を引き締めていきましょう!
今週は数多く、オーディオ買取のご依頼をいただきてんやわんやしている日が続いており、スタッフ一同うれしい悲鳴を上げてがんばっております。
そんな中、ドカンと大きなスピーカーを買取させて頂きました。

続きを読む

自作真空管アンプ WE350Aが入荷いたしました。

こんにちは、ハイサウンドです。

今週は寒い日が続いていますね。

そんな寒さを温めてくれそうなアンプが当店にやってきたので紹介させていただきますね。

今回はオーディオ買取情報ブログはこちら、自作モノラル真空管アンプが入荷いたしました。

真空管アンプ

続きを読む

JBL スタジオモニタースピーカー 4333Aを買取いたしました。

こんにちは、ハイサウンドです。

本日の関東はあいにくの雨ですね・・・。

秋を通り越して冬のような感覚です。

ここ最近、当店に面白いオーディオ機器がやってきております。

今回のブログもその中から気になったオーディオ機器の紹介をさせていただきます。

今回はこちら

JBL 4333A

JBL 4333A スタジオモニタースピーカーが入荷いたしました。

先代となる4333の後継機として開発されたAですが、各ユニットは従来の物と同じで、エンクロージャの大幅な改良によって音質の向上を実現し、非常に高い評価を受けたモデルでしたね。

4343や4344よりも取り回しのきくサイズともあって、現在でも大変人気のあるモデルです。

今回入荷したJBL 4333Aはおきまりのウレタンエッジ朽ちに加え、前オーナー様がマルチアンプで使用していた為、オリジナルのネットワークが取り外されていました。

マルチターミナル

ちなみにエンクロージャの上に乗っかっているのは、前オーナー様がシングルアンプでも駆動できるようにとご自身で制作されたネットワークで、高品質なパーツが使われています。

大変貴重なスピーカーを買取りさせていただき、誠にありがとうございました。

当店では改造部分があった場合や、難があるといった状態でも喜んで買取りさせていただきます。

大型スピーカーはすべて当店スタッフが無料にて対応させていただきますので

ご不用になったオーディオ機器がございましたら、お気軽に査定ご依頼ください。

ハイサウンドのトップページはこちらへどうぞ

 

 

B&W CM7のトールボーイスピーカーを買取いたしました。

こんにちは、ハイサウンドです。

本日の関東はあいにくの雨ですね。

こういう時に限って,一気に外に出る用事が重なったりするんですよね・・・(笑)

気分を引き締めて今日も一日がんばりますよ!

今回も買取りさせていただいたオーディオ機器達を一つずつ紹介させていただきます。

今回はB&Wを買取りをさせていただきました。

B&W CM7

B&WのCM7ですね。

CMシリーズは同社のスピーカーの中でもとても人気があります。

これまで、ミドルサイズのモデルには2.5ウェイ構造の多かったB&Wですが、このモデルから完全に3ウェイ化を図っています。

このモデル最大の特徴はやはりフィックスト・サスペンション・トランスデューサーユニットを搭載していることですね。

簡単にまとめると、反応時間と音伝達を大幅に向上させる技術で、上級機の800シリーズなどにも採用されているユニットなのですが、このユニットがCM7にも採用されているんですよね。

とにかくハイスピードな音です。

見た目は従来のケブラーコーンのエッジレス風といった感じです。

定価もペアで24万円という設定だったので、内容を考えると大変コストパフォーマンスの良いモデルです。

しかし、いつみてもCMシリーズはカッコいいですね。

シンプルですが、サランネット止めにはダボを使わず、マグネット止めの設計や

エンクロージャとユニットの色合いなど・・・個人的に大好きなシリーズです。

大変貴重なオーディオをお譲りいただき誠にありがとうございました。

当店で責任を持って大切に扱わせていただきます。

当店ではB&Wのスピーカー、オーディオ機器はほとんどのモデルが買取可能となっております。

CMシリーズはとくに人気製品となっておりますので、9や8などのご依頼はもちろん

80x ノーチラスといったハイエンド、大型モデルはもちろん、エントリーモデルも喜んで!

全国からの宅配買取はもちろん、即日対応の出張買取も対応しております。

都内専門の出張所も設けておりますので、ご依頼も迅速に対応可能です。

ご不用になったオーディオ機器がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

オーディオの買取りページはこちらへどうぞ

Mcintoshのプリアンプの銘機 C22オリジナルが入荷いたしました。

こんにちは、ハイサウンドです。

今週はビンテージオーディオが多く入荷いたしました。

大変貴重なオーディオ機器も入荷いたしましたので、紹介させていただきますね!

今回はこちら

Mcintosh C22

C22の裏面

Mcintoshのプリアンプ C22が入荷いたしました。

過去二度に渡って復刻モデルが販売されているC22ですが、今回入荷したC22はオリジナルです。

C22は1962年から10年ほど生産されていたモデルで、マッキントッシュの現在も続く地位を確立させたモデルとも言われています。

同社の数あるモデルの中でもパワーアンプのMC275と並んで現在でも大変人気のある一台です。

C22の使い手で有名なのはやはり小説家の五味康祐氏。

説明するまでもないと思いますが五味氏はオーディオマニアで有名で

いち早くこのC22を使用し、オートグラフやMC275、EMTの930STなどと合わせて音楽を楽しんでおられたようです。

本人亡き後は練馬区役所に全て管理され、毎年五味氏のステレオセットを使ったオーディオコンサートを開らいているようですね。 席は抽選30名のみとなっているので毎回ものすごい倍率になるとか・・・

今回入荷したC22は現状でもしっかり動作し、状態も半世紀近く前の物とは思えないほど綺麗なものです。

動作確認を兼ねて、じっくり聴き比べしてみたいですね。

大変貴重なオーディオ機器をお譲りいただき、誠にありがとうございました。

当店ではマッキントッシュの最新オーディオからビンテージオーディオまで全てのモデルが買取対象となっております。

無料出張・宅配買取対応となっておりますので、お気軽にお問い合わせください。

オーディオの買取ページ

DENONの業務用ターンテーブルDN-308F-Tが入荷いたしました。

こんにちは、ハイサウンドです。

秋の週末ですが、とくに本日は人の出が多かったように感じました。

秋の気持ちいい陽気がいつまでも続いて欲しいものです。

今回も当店にやってきた入荷品の中で気になったオーディオ機器を紹介させていただきます。

今回はこちら

dn-308f-t

DENONのプロユースレコードプイレヤー DN-308Fを買取させていただきました。

DENONとNHKとの共同開発で生まれた業務用ターンテーブルですので一般には流通の少ない、なかなかのレア物です。

こちらはスタジオで使用されていた物ですが、退役ということで当店にやってきました。

業務用ターンテーブルといえば、やはりドイツのEMT社製の物が絶大な人気を誇っていますがこの308も大変人気のある一台です。

回転操作にプラッタがキビキビ反応する様は業務用ならではですね。

カートリッジはDL-103を使用するのが前提となっているので、針圧調整やオーバーハングなどの調整機構はありません。

フォノイコも専用設計の物が内臓しています。

今回入荷したものは基本動作は問題ありませんが、残念な事にレコードカバー置き用の頭が取り外されておりました。

貴重なオーディオ機器をお譲りいただき、誠にありがとうございました。

当店では今回のように、一部難有りや破損といった状態でも買取可能な場合がほとんどです。

大型物や重量物なども喜んで買取りさせていただきますので、ご不用になったオーディオ機材がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

買取りページのハイサウンドはこちら

Philips CDプレイヤー LHH800Rを買取いたしました。

こんにちは、ハイサウンドです。

今週のハイサウンドはハイエンドからスタジオで使用されていたプロユースの珍品まで面白いオーディオ機器がたくさん入荷いたしました。

今回のブログもその中から気になったモデルを紹介させていただきますね。

今回はこちら

LHH800R

サイド

リアパネル

塗装ハゲ部分

 

フィリップスのCDプレイヤー LHH800Rが入荷いたしました。

説明するまでもないと思いますが、フィリップスといえばCDの生みの親です。

ソニーと共同開発を始め、1982年に両社とも第一号機となるCDプレイヤーを発表してからちょうど今年で30年が経ちます。

そして、今回入荷したLHH800Rは1993年にフィリップス社から発表されたモデルです。

フィリップスのCDプレイヤーといえば独特のマイルド、濃い音が特徴と言われていますが

このモデルからは徹底した無帰還化を図り、ハイスピード系に変わったことでも有名です。

LHHシリーズは1985年に発表された業務用CDプレイヤーでもあり、伝説的なプレイヤーでもあるLHH2000から始まり、1996年の販売されたLHH900Rを最終機として幕を閉じたわけですが、2000や1000などの初期の物からLHH300などエントリーモデルまで、ほとんどのモデルが現在も多くのファンに支持されていますね。

進化の早いデジタル機器ですが、良い物はいつまでもきちんと評価されるのがオーディオの良いところです。

大変貴重なオーディオ機器をお譲りいただき、誠にありがとうございました。

当店ではフィリップスのオーディオ機器はほとんどのモデルが買取対象となっております。

LHH2000やアンプのLHH-A700やP700といった希少モデルはもちろん、定番プレイヤーなども全て喜んで買取りさせていただきます。

ご不用になったオーディオ機器がございましたら、ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

ご依頼、お待ちしております。

買取 オーディオ

LUXMAN USB-DAC DA-200を買取いたしました。

こんにちは、ハイサウンドです。

時期的に当たり前なのですが、すっかり秋の陽気になりましたね~

朝と夜は肌寒くなってきました。

今回も当店にやってきたオーディオ機器の紹介をさせていただきますね。

今回はこちら

DA-200

LUXMANのUSB-D/Aコンバーター DA-200がやってきました。

CDに変わる、次世代のメディアとしてパソコンを利用したPCオーディオが最近話題ですよね。

文字通り、パソコンを利用して音楽再生をするわけですが、オンボードの出力から直に音源取るわけでなく、大半はPCからデジタル音源のみを取り出し、今回のようなUBS入力があるDACを用いて鑑賞するといった感じですね。これによってハイレゾ音源が手軽に楽しめるわけです。

ハイレゾ音源の問題点としてはファイルサイズが大きいといった点があります。

一般的にパソコンやポータブルプレイヤーの音楽ファイルとして使用されるコーデックはmp3やAACといった不可逆圧縮式を使用していますが、ファイルサイズを大幅に抑える分、音質は劣化してしまいます。

理想は圧縮をしないリニアPCMですが、出来るだけファイルサイズを抑えつつ音質重視ということで、可逆圧縮式といったコーデックを使用するわけですが、やはりmp3などに比べると大幅にファイルサイズが大きくなるわけですね。

ただ5,6年前では考えられないほどHDDが安価なので、容量についてはあまり気にならなくなってきましたね。

この点もPCオーディオが流行っている理由の一つだと思います。

最近では専門誌も発行され、これからさらに盛んになりそうですね。

今回入荷したDA-200はUSB-DACは同社のD-05のDACと同じ物が採用され、その他の機能にプリアンプとヘッドホンアンプも内臓している大変お得な一台です。

プリの回路と部品はL-590AXと同等の物を使用しており、ヘッドホンアンプにはP-1uと同等のパーツを使用されています。

この内容で定価が15万円というのは、老舗オーディオメーカーのラックスマンならではですね。

今回入荷したDA-200は現行モデルだけあり、大変状態の良い物でした。

大変素晴らしいオーディオ機器をお譲りいただき、誠にありがとうございました。

当店ではLUXMANのオーディオ機器は高価買取対象となっております。

古いモデルから最新モデルまで喜んで買取りさせていただきますので、ご不用なオーディオ機器がございましたらお気軽にお問い合わせください。

オーディオ機器の買取

 

SANSUIのプリメインアンプ AU-α907Limitedを買取いたしました。

こちらはハイサウンドのオーディオ買取情報ブログです。

ネット担当の峰岸が不定期に更新しております。コメントをいただいても承認制となっている為、返答にラグがありますのでご了承ください。

いや~、あっという間に連休が終わってしまいましたね。

ハイサウンドは連休中も通常営業だったのですが、連休効果なのか持ち込みによるオーディオの買取のご依頼が大変多く、あたふたな毎日でありました。

途中、査定業務が遅れお客様にご迷惑をおかけしてしまい、誠に申し訳ございませんでした。

連休効果で最新モデルのオーディオ機器から往年の銘機達まで・・・大変多くのオーディオ機器がやってきました。

その中から気になったモデルを一つずつ紹介させていただきますね。

今回はこちら

続きを読む