B&Wの2ウェイスピーカーCM1が入荷いたしました。

先ほどのブログに続いて入荷品紹介をさせていただきますよ~!

今回はこちら、Bowers&WilkinsのスピーカーCM1を買取させていただきました。

スピーカーのCM1

ブックシェルフというシンプルなスピーカーこそ、そのメーカーのセンスが伺えますが、キャビネットの製造精度の高さやユニットとの色合い、グリルをマグネットで留め、無駄をなくしたスタイリッシュな外観はさすがB&Wと感じさせますね!

ブックシェルフの中でも小ぶりなサイズのCM1ですが、音の方はその域を超越した力のある低音と広がりのある中高域を聴かせてくれます。

とてもコストパフォーマンスが高く、多くの方が愛用されているモデルですね~!

そしてそして、CM1用のメーカー純正スタンドもございましたので、こちらもしっかり査定させていただきました。

動作確認を兼ねて簡単な聞き比べをさせていただきましたが、スピーカー本体のみで楽しむのも良いですが、スタンドを装備すると低音の響きがより引き締まりまりますね。

手軽に良い音楽を聴けて、外観も美しいと…美味しいスピーカーですね~!

とても素晴らしいオーディオ機器をお譲りいただき誠にありがとうございました。

当店はB&Wのスピーカーは全て買取対象となっております。

ハイエンドモデルからエントリーモデルまで喜んで買取させていただておりますので

ご不要になった物がございましたら、お気軽に当店にご依頼ください。

ハイサウンドのオーディオ買取ページ

MarantzのプリメンアンプとCDプレイヤーが入荷いたしました。

こんにちは、今日の埼玉は良い天気かと思えば物凄い夕立がありましたね。 ちょうど外で作業していたので気持ち良いぐらい濡らされてしまいました…明日も天気は荒れるようですね~・・・

気を取り直して… 最近、遠方からご近所さんまでオーディオ買取のご依頼が増えてきております。

その中から気になったオーディオ機器を少しずつ紹介させていただきますね~

sa7004とプリメイン

 

今回はこちら、マランツのプリメインアンプ PM7004とSACDプレイヤーのSA7004を買取させていただきましたので紹介させていただきます。

SACD/CDプレイヤーのSA7004は上級機であるSA8004と比べると機能が簡素化されていたり、使用部品のグレードが低くなっているようですが同等のピックアップメカ周りや回路を使用しているので価格を超えた音がします。解像度がとても高く、音像の対照ハッキリしていますよ!そして、プリメインアンプのPM7004も上位機の8004と同等の回路を使用されているのでやはり解像度の高い力感のある音が楽しめますね~!

安心して音楽が聴きこめる構成ですね。

とても素晴らしいオーディオをお譲りいただき誠にありがとうございました。

当店はマランツのオーディオ機器は高価買取対象となっております。

ビンテージ品から最新のモデルまで喜んで買取させていただきます。

ご不要になったオーディオ機器がございましたら、お気軽にご依頼ください。

オーディオ買い取りならハイサウンド

YAMAHAプリアンプ C-2xを買い取りさせていただきました。

いつもお世話になっております。

オーディオの買取についてお知らせしてるハイサウンドです。

ここのところ埼玉県では一気に夏のような陽気になってしまいましたね。本日もお客様から買取のご依頼をいただいたので車で移動していたのですが久々に運転中、エアコンをつけましたよ。 エコがうたわれ省エネと騒がれている世の中ですが・・・今年の夏はオーディオファンには肩身の狭いですね。

続きを読む

TAOCの超弩級スピーカー FC7000がやってきました。

こんにちは、ここのところ埼玉は天気が良い日が続いています。久々に荷物運びで大汗をかきましたよ~

そんな中、当店に超弩級スピーカーを買取させて頂きました。

FC7000

こちら、TAOCのスピーカー FC7000です。

TAOCさんと言えば、トヨタグループの総合鋳造メーカー アイシン高丘株式会社のオーディオ部門ですね。

オーディオラックやスタンド、インシュレーターなどのオーディオアクセサリメーカーで有名ですが、最近はスピーカーの取り扱いにも力を入れていて、FC3000や最新モデルのトールボーイスピーカーFC4500はコストパフォーマンスがとても高く、名機として特に有名です。スピーカーユニットは他社の物を使用して、エンクロージャの開発が主となっているようです。

今回入荷したFC7000はそれらの原点となるTAOCさんのスピーカー第一号機になるわけですね。

エンクロージャがセパレート構造となっていて中高域はソフトドーム型のDynaudio製のユニット、低域はFOSTEXのアルニコ磁石を使った30cmウーハーユニットが使用されています。

本体のサイズはH1113xW492xD600(mm)と一見、大型スピーカーの類ではスマートに見えますが、ものすごい重量があります。全体の重量は120kgとなっていますが、ウーハー部だけで100キロは超えています。その理由はエンクロージャー内部に鋳鉄製ビームや天板の共振防止を狙った縦振り子が取り付けされている為、それだけで重量が50kgあるようです。

鏡面仕上げの美しい外観とは裏腹に内部はものすごい作りですね・・・

ネットワークから素材までこだわりぬいたスピーカーで当時定価ペアで210万円と高額でしたが構成を考えるととてもコストパフォーマンスの高い一台と言われています。

本機は当店でも始めての買取品で、TAOCの音質のレベルの高さに驚きました。

巷では音のつながりが悪いと言われていますが、試聴の際はぜんぜんそんなことなく、恐らくアンプによって音質が左右されやすいのではないかと思います。

ステレオ構成の相性にもよるのかもしれません。音像はまさにその場で演奏を聴いているかのような錯覚にとらわれます。

とても貴重なオーディオ機器をお譲りいただき、誠にありがとうございました。

(搬出の際にお客様の手をお借りしてしまい申し訳ありませんでした…本当に助かりました)

当店ではTAOCのオーディオアクセサリをはじめ、スピーカー類は特に買取強化対象となっておりますので、ご不要になった機器がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

希少品やマイナーメーカーのスピーカーなども喜んで扱わせていただきますのでお気軽にご相談ください!

兄弟になりました。

いつもお世話になっております。ハイサウンドの買い取り情報ブログです。

前回に続いてビンテージオーディオを買取させていただきましたのでご紹介させていただきます。

R205スピーカー

 

今回はこちら、三菱(ダイヤトーン) R205型スピーカーがやってきました。
ビンテージオーディオ好きなら知らない人はいない有名なモデルですね。
一般向けのモデル名は2S-208として販売されていましたが、NHK納品指定のR205というモデル名の方がピンとくる方が多いと思います。
せっかくなので、以前紹介させていただいたR305とツーショットです。
並べてみるとかなりサイズが違いますね~。どちらも魅力的です。

音についてはやはり双方通ずるものがあります。歯切れのいい高音はそのままにやはりR305の方が、低音再生に余裕がある印象です。

R205には20cmウーハーのPW-20と5cmのコーンツイーター、TW-501が使用されており、インピーダンスも16Ωとなっています。

スピーカー部が金属のマウントにまとめられていて取り外しも簡単なので、整備性も良いです。

40年近く前のスピーカーになりますが、現在のスピーカーとも引けを取らず、音像定位は素晴らしいです。同年代の古いソースを聴きこみたいですね。

こうなると、いつかR305とR205の聴き比べもしなくてはいけませんね!

外装にキズやグリルに汚れがありますが、年代から考えるとまだまだ現役の状態でした。

とても貴重なオーディオ機器をお譲りいただき誠にありがとうございました。

この他にもCDプレイヤーやプリアンプのC-2xなど多数買取させていただきましたので、後ほど紹介させていただこうかと思います。

当店は50,60年代のビンテージオーディオも買取対象となっておりますので、お気軽にご相談ください。

●R205の仕様
寸法:W53×D31×H70(cm)
本体重量:20kg

追記:2013/04/16 こちらのオーディオは全て売却済みとなっております。多数のお問い合わせありがとうございました。

その他、ビンテージに限らず、様々な機器を取り扱いしておりますので、買い取りから販売についてなどお気軽にお電話ください。

珍しいNakamichiのCDプレイヤーやYAMAHAのプリアンプを買取しました。

こんにちは。今回も入荷したオーディオ機器の紹介をしていきたいと思いますよ~

ここのところ、ビンテージ品や珍品のオーディオ機器買取のご依頼が多いです。

まず紹介するのはNakamichiのCDプレイヤーOMS-70です。

oms-70

1984年に発売したNakamichiのCDプレイヤー第一号機ですね。

一目でナカミチ製と分かるデザインで良いですね~

CDプレイヤーの第一世代の製品ということもあり、ピックアップメカ周りがとても面白い作りです。

当時としては両ch独立させたデュアルDAC搭載などとても凝った作りでNakamichiの意欲を感じる一台です。

当時のお値段¥268000と黎明期の物ということもありますがなかなかの高級機でした。

音色についてもナカミチらしさが出ている一台で、やはりどこか同社の名機CDプレイヤー、DragonCD DACのような浮遊感のある特徴的な音を感じさせるようです。

そして、その他にも一緒にYAMAHAのプリアンプ C-70もお譲りいただきました。

プリアンプC-70

定番のC2シリーズに通じる、繊細でとても美しい音色な一台ですね。C1を除いてシリーズ通してシンプルな構造が多いのも人気が衰えない理由の一つでしょうか。

とくにC2Xはプリアンプの中でもプレミアがついているほど人気があります。

独特の透明感のある美音を堪能できるということで、中古オーディオの買取市場でも大変需要の高い一台となっており、当店でも力を入れているモデルとなっておりますよー!

貴重なオーディオ機器の買い取りをさせていただき、誠にありがとうございました。

当店はビンテージオーディオは一点から喜んで買取させていただきます。

無料での出張対応はもちろんのこと、大好評の全国宅配買取もとっても簡単でオススメな方法となっておりますので、ぜひご利用くださいませ!

オーディオ買取りのご依頼、お待ちしております。

 

オーディオのデッキ類がたくさん入荷いたしました。

こんにちは。ここの所、良い天気が続くかと思っていた矢先、今日の天気ですね・・・。

今週も多数のオーディオ買取のご依頼をいただいております。

デッキ類やレトロなレシーバーやチューナーなどなど…ちょっと変わった品物がたくさん当店にやってきました。

オーディオ機器たち

パイオニアのオールドな真空管式レシーバー、TRIOの真空管式チューナーなどのレトロ感あふれる一品や

テクニクスの定番ターンテーブルSL-1200やパイオニアのハイエンドユニバーサルプレイヤーなどなど・・・

その中でも面白いオーディオ機器はこちらです。

SONY製DATデッキ DTC-1500ES!

DTC-1500ES

SONY製の数あるDATデッキシリーズの中でも最高峰と名高い一台ですね。

内臓のDACの音質も秀逸で、これも人気の理由の一つのようです。

同時期に発売されていた333シリーズなどのアンプと同等の大きい筐体で、見た目のインパクトもバツグンです。

当時のお値段30万円という価格設定も驚きですが、その値段にも負けない内容なんですよね。

この他にも多くの機材をお譲りいただきました。

その他、WEの劇場用アンプやリキッドフローティング方式(!?)のターンテーブル(フレームは真鍮製でターンテーブルはステンレス製とのことです…)などなど、オーディオ雑誌やネットでもお目にかかれないオーディオシステムを拝見させていただいたりと、とても濃い日が続いております。

オーディオの世界は上を見るとキリがないですね・・・。

とても貴重な体験をさせていただき、誠にありがとうございました。

当店はオーディオ用のCDプレイヤーやアナログプレイヤー、ビジュアル機器も買取対象となっておりますので、ご不要になった機材がございましたら是非一度、当店にご依頼ください。

査定、買取のご依頼、お待ちしております。

TANNOY IIILZ  LSU/HF/3LZG/8Uが入荷いたしました。

こんにちは、週末は良い天気が続くようですね~ 仕事にも力が入りますよ!

今回もオーディオ買取させていただいた品物達の中で気になった一品を紹介させていただきます。

今回はオールドタンノイ モニターゴールド IIILZ LSU/HF/3LZG/8Uが入荷いたしました。

tannoy ⅢLZ

1961年~1974年ごろに販売されていたモデルです。

年代によって仕様が変わっているモデルで初期型の1961年から1967年ごろまでは15Ω仕様であるMonitor Red。その後は今回入荷したMonitor Goldとなっています。

エンクロージャの中には10インチのオリジナルモニターゴールド2ウェイ同軸スピーカーが搭載されています。

ⅢLZとそれを巧く収めたキャビネットが奏でる、ゆったりした広がりのある音と艶めく高音域が聴き手をやさしく包み込んでくれます。現在でも希少価値が高く、とても人気がある一台ですね。

この年代のタンノイはアンプを選ぶとも言われていますが、動作確認用のなんてことないトランジスタアンプでもとても良い音が鳴っていました。メンテナンスをして完全な状態にしたらさらに素晴らしい音がすることでしょう。

エンクロージャにキズや浮きがある為状態は良いと言えませんが、これもまたビンテージらしく味があってよし…ですか…!?

とても貴重なスピーカーをお譲りいただき、誠にありがとうございました。

当店はビンテージオーディオは買取強化対象となっておりますので、ご不要になったオーディオ機器がございましたら、お気軽に当店にお問い合わせください。>中古オーディオ買取専門店のハイサウンド|全国対応

査定以外にも気になってた点やご不明な点についてのお問い合わせも受け付けております。

本日もハイファイ機器の取り扱い、ご相談をお待ちしてります。

MICRO BL-91ターンテーブルなど入荷いたしました。

こんにちは、本日も通常営業であります。 今週もまた天気が崩れるそうで ・・・変な天候が続いていますね

今回もオーディオ買取させていただいた品物の中で面白い物を紹介させていただこうと思います。

ターンテーブル類

まずはMICROのベルトドライブターンテーブル BL-91です。

BL-91Lというロングアーム用モデルもありますが、こちらは無印のダストカバーが付属しているモデルですね。

数あるマイクロのターンテーブルの中で、当時ミドルクラスとして販売された実力派の銘機ですね!

アームベースはA-1205が取り付けされているようですね~ オーディオクラフトのAC-3000を使用されていたそうですが、こちらは廃棄してしまったそうです…残念です…!

キャビネットの化粧板に少々浮きが見受けられますが、問題ないレベルでMICRO製品にありがちなインシュレーター内部のバネ劣化もなく、しっかり当時の状態を保っています。

ベルトも二本付属しているので、現状の状態でもまだまだ現役で使えてしまう一台ですね。

当時合わせて使用していたentreのMC昇圧トランスも状態が素晴らしい物で、一緒に買取させていただきました。

そしてそして、その横にあるいかにもビンテージを漂わせる大きなキャビネットのプレイヤーは

自作品でトリプルトーンアーム仕様の物です。

ターンテーブルはSONY製の物を使用していますが、ベルト劣化で動作不良となっています。

アームはSMEの定番3009を二本とフィデリティ・リサーチのFR-24を装備と、なんとも贅沢な仕様です。

アームベースが手に入れば、BL-91に一本取り付けてあげたいですね。

その他、KENWOODとMICROの合作、KP-07Mも入荷いたしました。

以前にKP-07を紹介いたしましたが、KP-07Mは外装がシャンパンゴールドカラー仕上げです。

手軽に使えて見た目よしな一台なので、本当に人気があるモデルですね。

TANNOYのスピーカーなど

その他にもTANNOYのスピーカーユニットやONKYOのプリアンプやTEACのオープンリールデッキ X-1000R BOSEのアコースティックウェーブシステムシリーズの物やACROLINKのピンケーブルなどなど・・・ アクセサリーから周辺機器まで色々買取させていただきました。

素晴らしいオーディオ機器達をお譲りいただき、誠にありがとうございました。

当店は電源タップやケーブル類も買取対象となっておりますので、オーディオ機器に取り付けされている物でも一つ一つ査定させていただきます。

その他、ビンテージ・ハイエンドオーディオはもちろん、エントリーモデルも喜んで買取させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

ハイサウンドの買取案内ページはこちら