新年のご挨拶とロゥランドリサーチのModel7などの買取お知らせ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 新年のご挨拶とロゥランドリサーチのModel7などの買取お知らせ。
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

2016年、明けましておめでとうございます。 旧年中は多くの皆様・お客様からお引き立てを賜り、心よりお礼申し上げます。 本年もより一層、サービスの充実化に努めてきますので、今後ともハイサウンドをよろしくお願い致します。   それでは早速、新年最初の買取お知らせです! まずはこちら、Celloのシステムプリアンプ、オーディオスイートを買取させて頂きました。

audio-suite

Celloのコントロールアンプ二作目となる本機は、前作のオーディオパレットと同様に一風変わった仕様を持つプリです。 基本となるメインシャーシとマスターパワーサプライに、機能別のモジュールを取り付けすることで、自分好みの構成ができるシステムプリアンプとなっています。

当時、モジュールボードのラインナップは13種類ありました。

ラインモジュールのP-200シリーズ

suite-p200

ビデオ用とチューナー、CD、テープの4種類があったようです。   アウトプットモジュールのP-301

cello-P-301

フォノモジュールにはP-100MMとP-101MCsuite-p-101mc-p100mm

この他にもBシリーズとなる、ライン・ボリューム・フォノなどが存在しています。

廃番となった今では、モジュール単体を入手することは困難となっており、中でもMCフォノのチェロの肝ともいえるアッテネータを搭載したマスターボリュームは中古・買取需要の高いアイテムとなっています。 DSCF3018 今回お譲りいただきましたお品物はMCフォノのP101やMMのP100、B200などのフルモジュール構成となっておりました!

 

続いてはこちら、ロゥランドリサーチ時代の名アンプを買取致しました。 MODEL7 現在ではハイエンドオーディオ界の定番ブランドとなっているジェフですが、その始まりとなったモデルが本機です。 自身のブランドを立ち上げる以前から、耳の肥えたマニアからの要望を中心に、オーダーメイドのアンプ製作を行っていましたが、アメリカのスピーカー専門メーカー、サウンドラボからの特注アンプの製作依頼を受けたことをきっかけに事業を本格化し現在に至ります。 日本には1987年のときにモノラルパワーアンプのモデル7のseriesIIIとステレオアンプのモデル5、コントロールアンプのコヒレンス1でデビューを果たしました。 買取させて頂きましたモデル7は、当時のトランジスタアンプにみられる無機質さはまったくなく、自然な反応かつパワフルで鮮やかな音質を持ちます。 フロントフェイスはラックマウント用のとってと電源スイッチのみと、非常にシンプルですが、物量はとてつもないものがあります。  DSCF3020 オーディオスイートとModel7、いずれも大変貴重なひと品をご売却誠にありがとうございました。 当店では高級モデルの取扱も強化中となっております。

中古オーディオ買取専門店のハイサウンド|全国対応

上記のようなモジュールといったパーツ単体でもしっかりと査定対応致しますので、お気軽にご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>