JBLのS3500の買取情報ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - JBLのS3500の買取情報ページ
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

買取情報

こちらのページではJBLのオーディオ製品であるS3500の買取をお知らせ致します。

S3500とは?

ジェービーエルのサウンドの魅力といえばホーンユニットにあるとっても過言ではないと思います。小さい振幅から大きな音響エネルギーを放射するコンプレッションドライバーとホーンが生み出す音楽のダイナミズムへのリニアリティのよい追従性は多くのファンを魅了する特徴です。

同社から発表されたスピーカーシステムのS3500は木素材を使用した水平指向性110度×垂直指向性40度のバイラジアルホーンが搭載されています。これは高域になるにつれて指向性が悪化してしまう従来のスピーカーホーンの弱点を改善すべく生み出された技術で、ネットワークにより補正を行い、均一な周波数特性を再生することが可能になります。

S3500の写真

※対象のイメージ

この技術はコンシューマー用オーディオのフラッグシップとして発売されたプロジェクト・エベレストDD55000の大型の中域用ホーンに初めて採用されました。その後は最新の音楽ソースにも対応すべくワイドレンジのドライバーユニットの開発を行うようになります。その形になるのがダバルウーハーとアクリルから削りだしたホーンによるシンメトリーアレーのユニットレイアウトを採用したProject K2S9500であり、上記のモデルはいずれも現在でもオーディオ買取需要の高いモデルとなっています。S9500の流れを受け継ぐのが今回のS3500で、ネオジウムマグネットとピュアチタンダイアフラムを搭載したユニットを採用しています。当時の価格はペアで39万円と内容的には格安といえるレベルです。

音像の浮かびや迫真的なヴォーカルの再生が特徴で、手を伸ばせばそこにミュージシャンが演奏しているかのような錯覚を楽しむことができるとして、現在でも大変人気の高いモデルとなっています。

ちなみに本機の下位モデルとしてS2500もありましたが、こちらは反応が速くしなやかな質感の低音と非常にエネルギー感とフレッシュな中高域が魅力的な音質で、S3500についてはまさにJBLと言える伝統のサウンドを受け継いでいる印象です。中域の密度溢れる力強い音や、空間イメージも素晴らしく、音楽演奏の背景とメインをしっかり分けた表現を聴かせてくれます。両モデルは単純な上位機・廉価品という意味合いではなく、それぞれしっかりとサウンドキャラクターがあり、中域の厚い音を好む人、フラットなサウンドが好きな人向けに選択できるよう同社が配慮して用意されたものの印象です。

いずれも現在の中古オーディオ買取でもとても人気の高い機器となっております。

本機のオーナー様で買い替えや売却をお考えでしたら、ぜひ当店にお申し付けください!

本機や上記に出てきたシリーズ機いずれも重量級の大きなスピーカーですが、当店では無料出張での搬出対応はもちろん、宅配も手間要らずのらくらく家財サービスがございますので、とっても簡単にお品物の売却が可能です!

詳しくは公式ウェブをご覧いただくか、フリーコール:0120-083-084までお気軽にお問合せください。またご依頼についてもネットやお電話上で受付しておりますので、お気軽にどうぞ!

公式ウェブについては下記のページ案内からトップをご覧いただけます。

オーディオ買取専門店のハイサウンド > JBLのS3500は高額買取中です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>